【伊勢丹】鶴屋吉信・母の日2019

案内人【伊勢丹】鶴屋吉信・母の日2019のご紹介です。通常は商品説明にのアイコンが表示されていますが、「限定」「セール」「オリジナル」商品は マークが付いています。また商品は金額の低いものから順に並んでいます。複数ページがあるものはページ数が大きいほどより高額なプレミアム商品が並んでいますので、商品選びの参考になさってください。

◆◇◆2019年先行新春福袋◆◇◆

毎年大人気で売切必至の新春福袋、今年も販売開始しました!

【伊勢丹】2019年先行新春福袋

【三越】2019年先行新春福袋

三越・伊勢丹のお買い物を更にお得にするMIカードなら最大10% のポイント還元中!

<鶴屋吉信> 紡ぎ詩(10個入) 【三越・伊勢丹/公式】

1,188 円(税込)

こし餡にきざみ栗が入った焼菓子。西陣に因んだまゆの形をしており、上にケシの実をつけたひと口饅頭です。※一枚目の画像はイメージです。盛り皿などは商品に含まれません。<鶴屋吉信(ツルヤヨシノブ)>江戸時代の享和三年(1803年)、京都上京に創業以来「ヨキモノ創る」を家訓として京菓子を作っています。「目で形と色彩をたのしみ、耳で菓銘の文学的な響きを鑑賞し、かぐわしい季の香を嗅ぎ、口に食べて風味をあじわう」、そんな五感を働かせて風雅をたのしむ京菓子です。

<鶴屋吉信> 柚餅 【三越・伊勢丹/公式】

1,188 円(税込)

青芽の柚子の香りをこめた求肥に和三盆糖をまぶしたつまみ菓子です。※2枚目の画像はイメージです。盛り皿などは商品に含まれません。<鶴屋吉信(ツルヤヨシノブ)>江戸時代の享和三年(1803年)、京都上京に創業以来「ヨキモノ創る」を家訓として京菓子を作っています。「目で形と色彩をたのしみ、耳で菓銘の文学的な響きを鑑賞し、かぐわしい季の香を嗅ぎ、口に食べて風味をあじわう」、そんな五感を働かせて風雅をたのしむ京菓子です。

<鶴屋吉信> 京観世・柚餅詰合せ【6個入】 【三越・伊勢丹/公式】

2,333 円(税込)

能楽発祥に因む観世水の文様を表した「京観世」と青芽の柚子の香りをこめた求肥に和三盆糖をまぶしたつまみ菓子「柚餅」を食べきりサイズでご用意いたしました。※2枚目、3枚目の画像はイメージです。盛り皿などは商品に含まれません。<鶴屋吉信(ツルヤヨシノブ)>江戸時代の享和三年(1803年)、京都上京に創業以来「ヨキモノ創る」を家訓として京菓子を作っています。「目で形と色彩をたのしみ、耳で菓銘の文学的な響きを鑑賞し、かぐわしい季の香を嗅ぎ、口に食べて風味をあじわう」、そんな五感を働かせて風雅をたのしむ京菓子です。

<鶴屋吉信> 紡ぎ詩(20個入) 【三越・伊勢丹/公式】

2,376 円(税込)

こし餡にきざみ栗が入った焼菓子。西陣に因んだまゆの形をしており、上にケシの実をつけたひと口饅頭です。※一枚目の画像はイメージです。盛り皿などは商品に含まれません。<鶴屋吉信(ツルヤヨシノブ)>江戸時代の享和三年(1803年)、京都上京に創業以来「ヨキモノ創る」を家訓として京菓子を作っています。「目で形と色彩をたのしみ、耳で菓銘の文学的な響きを鑑賞し、かぐわしい季の香を嗅ぎ、口に食べて風味をあじわう」、そんな五感を働かせて風雅をたのしむ京菓子です。

<鶴屋吉信> 亥の春 【三越・伊勢丹/公式】

2,700 円(税込)

開運と招福除災の願いを込めて「いのしし」のシルエットを表現した意匠羊羹。切り出し技法を用いて仕上げました。 ※画像はイメージです。盛り皿等は商品に含まれません。

<鶴屋吉信> 名菓撰 【三越・伊勢丹/公式】

2,916 円(税込)

能楽発祥に因む観世水の文様を表した「京観世」と青芽の柚子の香りをこめた求肥に和三盆糖をまぶしたつまみ菓子「柚餅」。代表銘菓2種を詰め合わせました。※2枚目、3枚目の画像はイメージです。盛り皿などは商品に含まれません。<鶴屋吉信(ツルヤヨシノブ)>江戸時代の享和三年(1803年)、京都上京に創業以来「ヨキモノ創る」を家訓として京菓子を作っています。「目で形と色彩をたのしみ、耳で菓銘の文学的な響きを鑑賞し、かぐわしい季の香を嗅ぎ、口に食べて風味をあじわう」、そんな五感を働かせて風雅をたのしむ京菓子です。

<鶴屋吉信> 京観世・柚餅詰合せ【10個入】 【三越・伊勢丹/公式】

3,424 円(税込)

能楽発祥に因む観世水の文様を表した「京観世」と青芽の柚子の香りをこめた求肥に和三盆糖をまぶしたつまみ菓子「柚餅」を食べきりサイズでご用意いたしました。※2枚目、3枚目の画像はイメージです。盛り皿などは商品に含まれません。<鶴屋吉信(ツルヤヨシノブ)>江戸時代の享和三年(1803年)、京都上京に創業以来「ヨキモノ創る」を家訓として京菓子を作っています。「目で形と色彩をたのしみ、耳で菓銘の文学的な響きを鑑賞し、かぐわしい季の香を嗅ぎ、口に食べて風味をあじわう」、そんな五感を働かせて風雅をたのしむ京菓子です。