【伊勢丹】貝印/カイジルシ・母の日おすすめ

案内人【伊勢丹】貝印/カイジルシ・母の日おすすめのご紹介です。通常は商品説明にのアイコンが表示されていますが、「限定」「セール」「オリジナル」商品は マークが付いています。また商品は金額の低いものから順に並んでいます。複数ページがあるものはページ数が大きいほどより高額なプレミアム商品が並んでいますので、商品選びの参考になさってください。
◆◇◆2020 三越伊勢丹 夏のクリアランスセール◆◇◆
ウェアやバッグ、シューズなどのファッションアイテムからリビングアイテムまで幅広く取り揃え!
三越伊勢丹オンラインストア
2020 三越伊勢丹 夏のクリアランスセール

<貝印/カイジルシ> 橋本幹造 両刃包丁 五寸【三越伊勢丹/公式】

11,000 円(税込)

貝印が、ミシュラン東京で星を取得した日本料理店"一凛"と両刃包丁を共同開発。家庭での利用を主に、和食における細かな作業での使いやすさを考慮し、操作性にもっともこだわりました。包丁の重心を柄よりも刃の方へ置くことで、包丁自体の重さを利用した使い方が可能になり、和食創作の醍醐味でもある料理への細工や飾り付けを楽しんで頂く事ができます。この重心の位置と重さは、橋本氏が何十本もの試作品を、実際に調理で試して決定いたしました。さらに、柄の形にもこだわり、握りやすく、長時間調理していても手に負担の少ない形状になっています。また、刃先は、やわらかい食材を突いたりと細かな作業も出来るよう、先端を切り落とした形状となっています。特徴1:"家庭で和食創作を楽しむ"がコンセプト和食創作の醍醐味は、料理への細工や飾り付けなど、細かな気配りにあります。毎日の和食料理に少しの創作を加える事で、調理に新しい楽しみ方が生まれます。その楽しみ方を始めるきっかけや、今以上に創作を楽しみたい方に向け、"家庭で和食創作を楽しむ"をコンセプトに本製品を開発いたしました。特徴2:重心を刃側に置き、扱いやすく包丁の重心を柄よりも刃の方へ置くことで、包丁自体の重さを利用した使い方を可能にしています。この重心の位置と重さは、橋本氏が何十本もの試作品を、実際に調理で試して決定いたしました。さらに、柄の形にもこだわり、握りやすく、長時間調理していても手に負担の少ない形状になっています。特徴3:繊細な作業も可能な刃先の形状やわらかい食材を突いたりと細かな作業も出来るよう、先端を切り落とした形状になっています。「全体を使うことが出来る包丁」をコンセプトに開発をしました。

<貝印/カイジルシ> 橋本幹造 両刃包丁 剥物【三越伊勢丹/公式】

11,000 円(税込)

貝印が、ミシュラン東京で星を取得した日本料理店"一凛"と両刃包丁を共同開発。家庭での利用を主に、和食における細かな作業での使いやすさを考慮し、操作性にもっともこだわりました。包丁の重心を柄よりも刃の方へ置くことで、包丁自体の重さを利用した使い方が可能になり、和食創作の醍醐味でもある料理への細工や飾り付けを楽しんで頂く事ができます。この重心の位置と重さは、橋本氏が何十本もの試作品を、実際に調理で試して決定いたしました。家庭での手入れ(砥ぎ)のしやすさを両立させるため、本来洋包丁の製造法である両刃付けを採用。長年、洋包丁を造ってきた貝印のノウハウを活かし、和包丁の特性を損なうことなく、利便性を向上させた新しいコンセプトの包丁に仕上がっています。小回りの利く刃体を活かした、小魚さばき・野菜の皮むき・細かい細工作業に最適です。特徴1:"家庭で和食創作を楽しむ"がコンセプト和食創作の醍醐味は、料理への細工や飾り付けなど、細かな気配りにあります。毎日の和食料理に少しの創作を加える事で、調理に新しい楽しみ方が生まれます。その楽しみ方を始めるきっかけや、今以上に創作を楽しみたい方に向け、"家庭で和食創作を楽しむ"をコンセプトに本製品を開発いたしました。特徴2:重心を刃側に置き、扱いやすく包丁の重心を柄よりも刃の方へ置くことで、包丁自体の重さを利用した使い方を可能にしています。この重心の位置と重さは、橋本氏が何十本もの試作品を、実際に調理で試して決定いたしました。さらに、柄の形にもこだわり、握りやすく、長時間調理していても手に負担の少ない形状になっています。特徴3:繊細な作業も可能な刃先の形状やわらかい食材を突いたりと細かな作業も出来るよう、先端を切り落とした形状になっています。「全体を使うことが出来る包丁」をコンセプトに開発をしました。

<貝印/カイジルシ> 橋本幹造 両刃包丁 刺身【三越伊勢丹/公式】

16,500 円(税込)

貝印が、ミシュラン東京で星を取得した日本料理店"一凛"と両刃包丁を共同開発。家庭での利用を主に、和食における細かな作業での使いやすさを考慮し、操作性にもっともこだわりました。包丁の重心を柄よりも刃の方へ置くことで、包丁自体の重さを利用した使い方が可能になり、和食創作の醍醐味でもある料理への細工や飾り付けを楽しんで頂く事ができます。この重心の位置と重さは、橋本氏が何十本もの試作品を、実際に調理で試して決定いたしました。家庭での手入れ(砥ぎ)のしやすさを両立させるため、本来洋包丁の製造法である両刃付けを採用。長年、洋包丁を造ってきた貝印のノウハウを活かし、和包丁の特性を損なうことなく、利便性を向上させた新しいコンセプトの包丁に仕上がっています。薄く長い刃体を活かした、お造りを引く作業に最適です。特徴1:"家庭で和食創作を楽しむ"がコンセプト和食創作の醍醐味は、料理への細工や飾り付けなど、細かな気配りにあります。毎日の和食料理に少しの創作を加える事で、調理に新しい楽しみ方が生まれます。その楽しみ方を始めるきっかけや、今以上に創作を楽しみたい方に向け、"家庭で和食創作を楽しむ"をコンセプトに本製品を開発いたしました。特徴2:重心を刃側に置き、扱いやすく包丁の重心を柄よりも刃の方へ置くことで、包丁自体の重さを利用した使い方を可能にしています。この重心の位置と重さは、橋本氏が何十本もの試作品を、実際に調理で試して決定いたしました。さらに、柄の形にもこだわり、握りやすく、長時間調理していても手に負担の少ない形状になっています。特徴3:繊細な作業も可能な刃先の形状やわらかい食材を突いたりと細かな作業も出来るよう、先端を切り落とした形状になっています。「全体を使うことが出来る包丁」をコンセプトに開発をしました。

<貝印/カイジルシ> 橋本幹造 両刃包丁 片鎬出刃【三越伊勢丹/公式】

22,000 円(税込)

貝印が、ミシュラン東京で星を取得した日本料理店"一凛"と両刃包丁を共同開発。家庭での利用を主に、和食における細かな作業での使いやすさを考慮し、操作性にもっともこだわりました。包丁の重心を柄よりも刃の方へ置くことで、包丁自体の重さを利用した使い方が可能になり、和食創作の醍醐味でもある料理への細工や飾り付けを楽しんで頂く事ができます。この重心の位置と重さは、橋本氏が何十本もの試作品を、実際に調理で試して決定いたしました。家庭での手入れ(砥ぎ)のしやすさを両立させるため、本来洋包丁の製造法である両刃付けを採用。長年、洋包丁を造ってきた貝印のノウハウを活かし、和包丁の特性を損なうことなく、利便性を向上させた新しいコンセプトの包丁に仕上がっています。薄い刃先と厚みのある刃体を活かした三枚おろし、魚の骨や鶏の軟骨を切る・叩く、つみれを作る等の作業に最適です。特徴1:"家庭で和食創作を楽しむ"がコンセプト和食創作の醍醐味は、料理への細工や飾り付けなど、細かな気配りにあります。毎日の和食料理に少しの創作を加える事で、調理に新しい楽しみ方が生まれます。その楽しみ方を始めるきっかけや、今以上に創作を楽しみたい方に向け、"家庭で和食創作を楽しむ"をコンセプトに本製品を開発いたしました。特徴2:重心を刃側に置き、扱いやすく包丁の重心を柄よりも刃の方へ置くことで、包丁自体の重さを利用した使い方を可能にしています。この重心の位置と重さは、橋本氏が何十本もの試作品を、実際に調理で試して決定いたしました。さらに、柄の形にもこだわり、握りやすく、長時間調理していても手に負担の少ない形状になっています。特徴3:繊細な作業も可能な刃先の形状やわらかい食材を突いたりと細かな作業も出来るよう、先端を切り落とした形状になっています。「全体を使うことが出来る包丁」をコンセプトに開発をしました。