【伊勢丹】笹屋伊織・母の日2019

案内人【伊勢丹】笹屋伊織・母の日2019のご紹介です。通常は商品説明にのアイコンが表示されていますが、「限定」「セール」「オリジナル」商品は マークが付いています。また商品は金額の低いものから順に並んでいます。複数ページがあるものはページ数が大きいほどより高額なプレミアム商品が並んでいますので、商品選びの参考になさってください。
三越オンラインストア 2020年先行 新春福袋
伊勢丹オンラインストア 2020年先行 新春福袋
三越・伊勢丹のお買い物を更にお得にするMIカードなら最大10% のポイント還元中!【三越】エムアイカード スペシャルショッピング
【伊勢丹】エムアイカード スペシャルショッピング

<笹屋伊織> 千客万来 5個入 【三越・伊勢丹/公式】

648 円(税込)

栗入りの白あんに練乳、バター、蜂蜜を練り込み、しっとりと焼き上げました。<笹屋伊織>享保元年(1716年)創業、京都御所や神社仏閣、茶道お家元のご用命を務めてきた京菓匠、笹屋伊織。※写真はイメージです。盛り皿等は商品に含まれません。

<笹屋伊織> あずき餅 5個入 【三越・伊勢丹/公式】

918 円(税込)

もっちりもちもちとした食感の薄皮で、つぶあんを包みました。<ブランド紹介>享保元年(1716年)創業、京都御所や神社仏閣、茶道お家元のご用命を勤めてきた 京菓匠 笹屋伊織

<笹屋伊織> すいーとぽてと 【三越・伊勢丹/公式】

972 円(税込)

さつまいものまろやかさが口に広がる小豆がアクセントになった、和風すいーとぽてとです。享保元年(1716年) 京の地に暖簾をかかげて以来、京都・御所と神社仏閣、茶道のお家元のご用だけを勤めて参りました。後に御所より「伊織」の名を賜り屋号を「笹屋伊織」とさせて頂きました。江戸時代に結成された上菓子仲間の流れを汲む老舗「菓匠会」は現在19軒。その伝統と格式を守り300年余の歴史を重ねて参りました。

<笹屋伊織> きなこ餅・柚子羽二重 6個入 【三越・伊勢丹/公式】

1,080 円(税込)

小粒の求肥にきなこをまぶした「きなこ餅」と柚子を練り込んで和三盆をまぶした「柚子羽二重」の詰合せ。どちらも上品な味わいです。※ 「きなこ餅」には別添えで黒蜜がついております。<ブランド紹介>享保元年(1716年)創業、京都御所や神社仏閣、茶道お家元のご用命を勤めてきました。

<笹屋伊織> 千客万来 10個入 【三越・伊勢丹/公式】

1,296 円(税込)

栗入りの白あんに練乳、バター、蜂蜜を練り込み、しっとりと焼き上げました。<笹屋伊織>享保元年(1716年)創業、京都御所や神社仏閣、茶道お家元のご用命を務めてきた京菓匠、笹屋伊織。※写真はイメージです。盛り皿等は商品に含まれません。

<笹屋伊織> 琴の仙 10枚入 【三越・伊勢丹/公式】

1,512 円(税込)

さっくり焼き上げた欧風せんべいに、まろやかなクリームをサンドしました。バニラクリームとチョコクリームの二種類です。<笹屋伊織>享保元年(1716年)創業、京都御所や神社仏閣、茶道お家元のご用命を務めてきた京菓匠、笹屋伊織。※写真はイメージです。盛り皿等は商品に含まれません。

<笹屋伊織> あずき餅 10個入 【三越・伊勢丹/公式】

1,836 円(税込)

もっちりもちもちとした食感の薄皮で、つぶあんを包みました。<ブランド紹介>享保元年(1716年)創業、京都御所や神社仏閣、茶道お家元のご用命を勤めてきた 京菓匠 笹屋伊織

<笹屋伊織> きなこ餅・柚子羽二重 10個入 【三越・伊勢丹/公式】

1,836 円(税込)

小粒の求肥にきなこをまぶした「きなこ餅」と柚子を練り込んで和三盆をまぶした「柚子羽二重」の詰合せ。どちらも上品な味わいです。※ 「きなこ餅」には別添えで黒蜜がついております。<ブランド紹介>享保元年(1716年)創業、京都御所や神社仏閣、茶道お家元のご用命を勤めてきました。

<笹屋伊織> 胡麻鼓 【三越・伊勢丹/公式】

1,836 円(税込)

黒胡麻あんをふんわり醤油風味のもっちりとした生地でつつみました。思わず舌鼓を打つ上品な味わいをお楽しみください。享保元年(1716年) 京の地に暖簾をかかげて以来、京都・御所と神社仏閣、茶道のお家元のご用だけを勤めて参りました。後に御所より「伊織」の名を賜り屋号を「笹屋伊織」とさせて頂きました。江戸時代に結成された上菓子仲間の流れを汲む老舗「菓匠会」は現在19軒。その伝統と格式を守り300年余の歴史を重ねて参りました。

<笹屋伊織> 琴の仙 15枚入 【三越・伊勢丹/公式】

2,160 円(税込)

さっくり焼き上げた欧風せんべいに、まろやかなクリームをサンドしました。バニラクリームとチョコクリームの二種類です。<笹屋伊織>享保元年(1716年)創業、京都御所や神社仏閣、茶道お家元のご用命を務めてきた京菓匠、笹屋伊織。※写真はイメージです。盛り皿等は商品に含まれません。