【伊勢丹】和菓子その他・母の日201902ページ目

案内人【伊勢丹】和菓子 その他・母の日20192ページ目のご紹介です。通常は商品説明にのアイコンが表示されていますが、「限定」「セール」「オリジナル」商品は マークが付いています。また商品は金額の低いものから順に並んでいます。複数ページがあるものはページ数が大きいほどより高額なプレミアム商品が並んでいますので、商品選びの参考になさってください。

◆◇◆2019年先行新春福袋◆◇◆

毎年大人気で売切必至の新春福袋、今年も販売開始しました!

【伊勢丹】2019年先行新春福袋

【三越】2019年先行新春福袋

三越・伊勢丹のお買い物を更にお得にするMIカードなら最大10% のポイント還元中!

石川【烏鶏庵】烏骨鶏かすていららすく 【三越・伊勢丹/公式】

1,836 円(税込)

烏鶏庵は、金沢市の町はずれにある、大自然に囲まれた「天来烏骨鶏農場センター」で烏骨鶏を飼育しています。そこでは専任スタッフが、飼育に高度な技術を要し、なかなか卵を産まない烏骨鶏たちを、一羽一羽丁寧に育てています。烏骨鶏卵が味わい豊か。育つ烏骨鶏たちを「天来烏骨鶏(てんらんうこっけい)」と呼んでいます。「烏骨鶏かすていら」は、なかなか産卵しない希少な烏骨鶏の卵の魅力を最大限に発揮した、しっとりとした食感、濃厚な味わいが際立つカステラです。自社農場生まれの烏骨鶏卵をたっぷりと使用し、これも烏鶏庵が誇る、加賀の菓子文化を継承する職人が、丹精込めて焼き上げています。烏鶏庵の看板ともいえる一品です。その「烏骨鶏かすていら」の新しい可能性として、カステラの濃厚な味わいは、オーブンで焼き上げることで、「香ばしさ」という魅力的な装いをまといました。気軽に楽しめる、烏骨鶏ならではのおいしさです。

京都【むしやしない処 仁々木】仁々木詰合せ 【三越・伊勢丹/公式】

1,890 円(税込)

小腹がすいた時、つい食べたくなるお菓子の数々を取り揃えています。 仁々木の看板商品2点の詰合せです。「海門最中」は仁々木 堅田工房のある堅田を題材に描かれた近江八景「堅田の落雁」で知られる「浮見堂」(正式名称:海門山満月寺浮見堂)にちなんで名づけました。近江羽二重もち米の求肥をつぶ餡で包み込み、芳ばしく焼き上げた最中種に併せました。最中種には琵琶湖岸を飛ぶ雁の姿があしらわれています。「黒どら」は黒糖の香り豊な生地に北海道産小豆で作った自家製の粒餡を挟んだ自信作です。

大阪【浪芳庵】みたらしとろとろ・わらびまんタルギフト 【三越・伊勢丹/公式】

1,901 円(税込)

創業安政5(1858年)、大阪・難波の和菓子店。伝統的な和菓子の味を大切にしながら、時代の空気を吸った新しい味が人気の秘密。創業当時から小豆、もち米、水など素材へのこだわりは変わらず、国産の無農薬農産物を使用しております。 「みたらしとろとろ」.浪芳庵伝統の味。利尻産の昆布だしと湯浅のたまり醤油を煮詰めた特性だれを、やわらないお餅のなかに閉じ込めました。食べるとお餅の中からトロリとたれが広がります。「わらびまん」.鹿児島県産の本わらび粉をじっくりと練り上げ、北海道産小豆のこしあんを包みました。香ばしい黒豆きなこと一緒にお召し上がりくださいませ。・お召し上がり方.常温で2時間解凍しお召し上がりください。

京都【京洋菓子司 ジュヴァンセル】翠一福 【三越・伊勢丹/公式】

1,944 円(税込)

洋菓子、和菓子のジャンルにこだわらず、京都の「菓子文化」を見つめたい。そんな想いから、1988年祇園祭の日に京都・御池通りに誕生した<京洋菓子司 ジュヴァンセル>。店名はフランスの古語で「乙女」を意味します。「四季折々、京の風情を洋菓子に」の心で色や形に季節感を表現し、京都ならではの水・風土に育まれた旬のおいしさを取り入れ、独自の京テイストを生み出してきました。その頑ななまでの職人気質で作り出された品々は、洋菓子でありながら四季を感じる上質な大人の味わいです。「翠一福」は、京都宇治の香り高い抹茶を贅沢に使った生地に風味豊かな黒豆を忍ばせ、しっとりと焼き上げたクグロフです。京ならではの味わいがもたらす、ひとときの口福をお楽しみください。

京都【二條若狭屋】ふく栗・やき栗詰合せ 【三越・伊勢丹/公式】

1,944 円(税込)

1917年(大正6年)、京都の二条城近くに創業、現在4代目が当主を務める京菓子店<二條若狭屋>から、栗そのままの愛らしい京菓子の詰合せをご紹介。厳選した大粒の栗をまるごと上質な栗餡とこし餡の二重餡で包み、羊羹をかけて仕上げた「ふく栗」。素材のおいしさを大切に、しっとりと、ほどよい甘さが人気です。大粒の栗をまるごと栗餡で包み、こんがりと焼き上げた「やき栗」とともに、秋の味覚をお楽しみいただける詰合せです。 ふく栗:厳選した大粒の栗をまるごと上質の栗餡と、こし餡との二重餡で包み、羊羹をかけ仕上げました。素材のおいしさを大切に、しっとりと、ほどよい甘さが人気です。やき栗:栗をまるごと使用した、かわいいお菓子。厳選した大粒の栗をまるごと上質の栗餡で包み、こんがりと焼き上げました。素材本来のもつ甘さが、お口いっぱいに広がります。

三重【月乃舎】カルメラ・松葉詰め合わせ 【三越・伊勢丹/公式】

1,944 円(税込)

カルメラは縁日などでも親しまれた焼き菓子です。砂糖を煮詰めて、重曹で膨らますところを月乃舎では卵白の膨張する力を利用しサクッとした食感に仕上げました。素朴ながら優しい味わい、そこに味付けとして高知県産の柚子、沖縄県産の黒糖、ニッキの3種類をご用意しました。松葉は、名前の通り、松の葉の形を模した焼き菓子です。諸説ありますが、松は一年中青々と茂り、松竹梅にあるようにめでたい席に合わせたお菓子です。いつまでも永く親しまれるようにと思いを込めて作りました。バターや蕎麦粉は使用せずシンプルな味わいに仕上げました。サクッとした食感をお楽しみください。 <月乃舎>は三重県の北部の員弁郡東員町という町で厳選された国産の材料と1つ1つ手作りに拘った四季折々の季節感を大切にした和菓子屋です。大量生産にはできない細かな仕上げや美味しさを大事にしたお菓子を作っております。素材や製法にこだわった伝統の味をお楽しみください。

東京【赤坂青野】赤坂もち8個入 【三越・伊勢丹/公式】

1,944 円(税込)

明治32年創業、赤坂散策の途中にふらりと立ち寄る常連や、取引先への手みやげ、おもたせに、昔から赤坂の地で愛され続けてきた<赤坂青野>。屋号の代名詞のように親しまれ、粋人の赤坂みやげとしておなじみの「赤坂もち」をご紹介。やさしい甘みの黒糖と刻みくるみを練り込んだ柔らかな餅をきなこにまぶしていただく「赤坂もち」。餅ときなこを一つの器に入れ、小風呂敷に包んだスタイルは<赤坂青野>が元祖。今も昔も変わりなく、一つずつ手作業で包んでいます。国産主原料にこだわり、きなこは北海道産大豆「とよまさり」に限定。くるみは国産(主に長野産)を使用しています。また、国産もち米を蒸した後で乾燥させ、粉状に挽いた「味甚粉(みじんこ)」を原料としています。季節や天候に関わらず、味わいや柔らかさが均一になるように、熟練の職人が手間ひまかけて、微妙に水加減や材料の配合を調整しています。餅ときなこを小風呂敷に広げてお召しあがりください。 赤坂青野の始まりは江戸時代に青野屋といい、神田明神の横で飴やとして店を構えた。明治維新を迎え和菓子一般の甘味を扱う餅菓子屋に転業。神田から五反田へ移転。その後、赤坂の地が商業地に発展し始めたのを機に、明治32年現在の土地に移転。明治以降は、高位高官の御用聞きなどをしながら発展。戦時中も甘味の材料に工夫を行い、機材も土蔵に収納するなどし商売を続ける。昭和22年青野は株式会社となり、看板商品「赤坂もち」が生まれる。以後発展を続け、昭和53年に赤坂見附店を開店。平成12年に5代目に継承。現在に至る。

徳島【菓游 茜庵】淡柚10個入・15個入 【三越・伊勢丹/公式】

1,944 円(税込)

和菓子作りには欠かせない清らかな水と、たっぷりと太陽を浴びて育ったふくよかな果実や野菜が自慢の四国徳島。<菓游 茜庵>は三十余年前、柳そよぐ城跡公園前の静かな通りに誕生しました。創業時からの人気商品で<茜庵>を代表するお菓子が「淡柚(あわゆう)」です。赤ちゃんのほっぺのようにすべすべと柔らかな純白の羽二重生地は、もちもちとした食感でありながら、口に入れるとすっきりと溶けていきます。包まれているのはくちなしと紅花で美しい翡翠色に色付けした餡。皮を取り除いたなめらかな小豆を柚子の皮で風味付けしし、隠し味の白味噌で華やかな深みを添えました。素材を大切に生かしきるお菓子作りを信条とする<茜庵>ならではのシンプルかつ絶妙な味のハーモニーをお楽しみください。

東京【和楽紅屋】和ラスク30枚入B 【三越・伊勢丹/公式】

2,001 円(税込)

上品で優しい甘さの和三盆糖や発酵バターを丹念に塗り込み、こんがりと焼き上げました。パティシエ辻口博啓の想いが詰まった和楽紅屋の代表商品「和ラスク」です。 <ブランド紹介>数々の世界大会を経て、日本人であること、和素材の素晴らしさを実感したパティシエ辻口博啓が「和を似て世界へ」の想いを持って作り上げた和スイーツブランド。

【674433】〈金澤 福うさぎ〉福うさぎ5種詰合せ 【三越・伊勢丹/公式】

2,052 円(税込)

愛らしいうさぎをかたどった蒸し饅頭。石川県の名産品を中心とした素材でつくった餡5種を、やわらかな生地で包みました。

長野【桜井甘精堂】栗あそび(2箱入) 【三越・伊勢丹/公式】

2,052 円(税込)

もなかの種皮に栗あんをお好みで詰めて食べる栗もなかです。栗あんともなか皮の味の調和が絶妙です。栗あんにアイスクリームをのせておめしあがるとちょっと乙な味になります。求肥や生クリームともよく合います。 創業文化五年(1808年)栗菓子店と食事処を6店舗経営するほか、紅茶とケーキの専門店「栗の木テラス」を展開。小布施栗菓子の歴史は200余年前、桜井幾右衛門が「栗落雁」を創製したことに始まり、続いてその弟の武右衛門が「純栗ようかん」を、五代目・桜井佐七が「純栗かのこ」を創製。現在でもその伝統技術を生かし、新しい栗菓子づくりを続けている。

★【産直】<梅月堂>シースクリーム5個入り 【三越・伊勢丹/公式】

2,160 円(税込)

長崎ソウルスイーツです。昭和30年に発売して以来愛され続けている長崎のレトロなスイーツです。カスタードをサンドした生地に黄桃・パイン・生クリームをのせた、昔懐かしい味わいが感じられるケーキです。※写真はイメージです。盛皿等は商品に含まれません。 お届けについて※お申込みより約2週間前後となります。※日付、時間指定のお届けは承れません。予めご了承ください。※お届けより先に、カードの請求書が届く場合がございます。ご了承ください。

【523103】〈両口屋是清〉銘菓詰合せ 【三越・伊勢丹/公式】

2,160 円(税込)

三越・伊勢丹オンラインストア/三越伊勢丹限定・先行商品もご紹介【三越/MITSUKOSHI】【伊勢丹/ISETAN】

【674193】〈志ま秀〉海老の多(た)の詩(し) 【三越・伊勢丹/公式】

2,160 円(税込)

三越・伊勢丹オンラインストア/三越伊勢丹限定・先行商品もご紹介【三越/MITSUKOSHI】【伊勢丹/ISETAN】

【674283】〈志ま秀〉クアトロえびチーズ 【三越・伊勢丹/公式】

2,160 円(税込)

えびとチーズのマリアージュがつくり出すカラフルな美味しさ。サクッと軽い食感に焼きあげた「えびせんべい」に風味豊かなチーズクリームをはさんだ4種の味わい。カラフルな見た目も魅力のチーズサンドは、おやつにはもちろん、おつまみとしてもおすすめの一品です。

【674663】〈銀座鈴屋〉釜だし甘納豆詰合せ 【三越・伊勢丹/公式】

2,160 円(税込)

三越・伊勢丹オンラインストア/三越伊勢丹限定・先行商品もご紹介【三越/MITSUKOSHI】【伊勢丹/ISETAN】

【674853】〈葵の倉〉海千楽 【三越・伊勢丹/公式】

2,160 円(税込)

三越・伊勢丹オンラインストア/三越伊勢丹限定・先行商品もご紹介【三越/MITSUKOSHI】【伊勢丹/ISETAN】

京都【二條若狭屋】家喜芋・やき栗詰合せ 【三越・伊勢丹/公式】

2,160 円(税込)

現在4代目が当主を務める<二條若狭屋>は、1917年(大正6年)、京都の二条城近くに創業した京菓子店。「家喜芋(やきいも)」は、その初代が考案した<二條若狭屋>の代表銘菓です。そのユーモラスな名前には「家の人が喜ぶ芋」という意味が込められています。山芋の皮で、こし餡、つぶ餡、白餡の3種類の餡を包みました。「やき栗」は、厳選した大粒の栗をまるごと上質な栗餡で包み、こんがりと焼き上げた、かわいいお菓子。栗本来の甘さがお口いっぱいに広がります。

石川【菓匠高木屋】あんず餅(12個入) 【三越・伊勢丹/公式】

2,160 円(税込)

加賀百万石の菓子どころ、金沢の地で大正14年に創業した<菓匠高木屋>。金沢地方では家の庭先であんずを見かけることも多く、この地に根ざしたなじみ深い存在です。金沢の文豪、室生犀星もあんずをこよなく愛した一人。犀川河畔にたたずむ「犀星詩碑」には自筆の「小景異情」の一節「あんずの詩」が刻まれ、春には頭上をあんずの花が彩ります。「<菓匠高木屋>あんず餅」は、丸ごとの蜜漬あんずをほどよい甘さの白餡と羽二重餅で包み込みました。あんずの果肉のシャリッとした歯ごたえと、ふわふわの羽二重餅の食感を上品な白餡がやさしくつないでいます。もちっとした食感と、ふわっと香るあんずのさわやかさ、コクのある白餡が絶妙のハーモニーを奏でます。作りたてのおいしさを冷凍でお届け。食べたい分だけ自然解凍して、常温で1~2時間でお召しあがりいただけます。

長野【信州里の菓工房】栗あんぱん 【三越・伊勢丹/公式】

2,160 円(税込)

信州の旬の素材を加工し、四季の栗きんとんをはじめとし、地域の情景を表現したお菓子をお届けします。素晴らしい栽培農家と出会い「栗の一大産地を作ろう」という熱い思いから「信州伊那栗」をブランド化しようと2011年「信州里の菓工房」を立ち上げました。澄んだ水と空気の大自然を生かした、旬の素材を生かしたお菓子をお届けします。和菓子屋が作る、イーストを使っていないバターが香るパン生地に信州伊那栗の栗きんとんと粒あんを包みました。使用する栗きんとんは「信州伊那栗」を使用し、生産者によって大切に育てられた栗は収穫したその日のうちに届けられ、翌日にはペースト状に加工されます。鬼皮や渋皮を取り除き、丁寧に実をこしていき、CAS(Cells Alive System)という凍結技術を用い、細胞を壊さず風味を閉じ込めたまま保存をし、いつでもとれたてのおいしさを提供しています。

石川【まめや金澤萬久】わらび餅のバウム・黒豆 【三越・伊勢丹/公式】

2,214 円(税込)

地元・石川県産のさまざまな豆を原料とするオリジナリティあふれる和菓子で知られる<まめや金澤萬久>。看板商品の愛らしい豆箱に入った豆菓子や金箔を一枚貼りしたカステラなど、金沢の雅な文化・伝統を継承する商品を全国に発信しています。その<まめや金澤萬久>ならではの和洋折衷の進化系スイーツをご紹介。「わらび餅のバウム・黒豆」は、わらび餅とバウムクーヘンの二つのお菓子が融合した新食感の和洋菓子です。さわやかなオレンジピューレを忍ばせたバウムクーヘンに、ぷるぷるもちもちのわらび餅をのせて。バウムクーヘンはわらび餅との絶妙なバランスを追求し、焼き加減にこだわりました。わらび餅の中にはしっとりと炊いた丹波黒豆の甘納豆を入れて、食べごたえのある一品に仕上げました。ひんやり冷やしてお召しあがりいただくと、二つの食感のハーモニーがさらに引き立ちます。

京都【京菓子處 鼓月】千寿せんべい 【三越・伊勢丹/公式】

2,268 円(税込)

ふんわり軽いバニラ風味のシュガークリームをサンドした、口ほどけのいいヴァッフェル生地(波型のせんべい生地)のおせんべいです。サクサクとした心地よい歯ごたえの生地と、ほんのりスウィートなシュガークリームが絶妙にマッチ。日本茶にはもちろん、紅茶やコーヒーとの相性もよく、幅広い年代の方にお楽しみいただけます。波間に飛鶴の影が映る、おめでたい情景も風雅な趣き。お祝いの席や贈答品にもおすすめです。 <鼓月>は戦後間もない1945年、京の町で産声を上げました。老舗のお菓子屋がひしめく京都において、「新参者」であったことが、しがらみや既成概念にとらわれない新しい和菓子を生み出すもとになりました。

新潟【丸屋本店】童心 笹だんご 10個入 【三越・伊勢丹/公式】

2,268 円(税込)

厳しい冬から、日々濃くなるみどり。色鮮やかな花に彩られる春へ。夏の夜空を焦がす水花火のかがやき。実りの秋。越後の山々が紅に染まる美しさ。そして、雪深い山並みから生まれ出た清冽な「水」は、山から里へと豊かな自然の恵みをもたらしてくれます。丸屋本店は明治11年の創業。お菓子づくりひとすじにたゆみなく越後の四季や風土を描いてまいりました。ふるさと越後の豊穣な恵みに感謝しながら、自然なおいしさを主題に、こころをこめて作りたいと願っています。 お菓子作り百三十余年の丸屋本店が新たに「童心 笹だんご」を製造致しました。越後のくにで採れる素材にこだわり、日持ちはあまりしませんが保存料や添加物を使わず、上質で自然な美味しさを求め、伝統の中に新しい意匠を表現しています。これまでの笹だんごとはひと味違う、新潟の風土と文化を大切にした「童心 笹だんご」を心をこめて贈ります。越後米倉・中々山の山中で採れる蓬(よもぎ)を摘み、新芽の柔らかな部分だけを天日干ししたものを使っています。自生しているよもぎは無農薬、摘み立ての薫りが生きています。コシのあるおだんごの生地は、越後の特選餅米「こがねもち」を使用しています。生地には山牛蒡の葉を入れ、笹川流れ産の自然塩で味を調えてあります。それを昔ながらの杵つきで搗きますとキメが細かく風味のよいお餅ができ上がります。丸屋本店は自家製餡を毎日欠かさず炊き上げています。粒よりの小豆を時間をかけてふっくらと炊いたつぶ餡と、伝統の技術と製法で作るこし餡の二種類がございます。

京都【二條若狭屋】不老泉 【三越・伊勢丹/公式】

2,376 円(税込)

京菓子の老舗店に代々伝わる"葛湯"のロングセラーです。素材の葛粉には、葛の高級品として知られる吉野葛を使用。商品は「真っ白の葛湯」「抹茶風味」「善哉風味」の3種類があり、熱湯を注ぐと上品な甘さのとろりとした葛湯が出来上がります。大正ロマンが薫るパッケージのデザインは、当時の著名な版画家・日本画家・書道家が手がけたもので、見た目にも風雅な趣きが漂います。贈り物やお見舞いの品にもおすすめです。

山形【老舗 長榮堂】富貴豆(ふうきまめ) 3箱セット 【三越・伊勢丹/公式】

2,398 円(税込)

創業130年(明治19年/1886年創業)、5代にわたり伝統の技と味を受け継ぎ、山形代表銘菓「富貴豆」や「板かりんとう」などで知られる老舗の和菓子処。素材選びには特にこだわり、丹精込めて作られた和菓子は、いずれも上品で美味。地元山形をはじめ多くの人に愛され続けております。富貴豆は、厳選した青えんどう豆の皮を丁寧にむき、可能な限り芯までやわらかく炊き上げた山形銘菓です。ほくほくした歯ざわりと青えんどうの優しい風味、上品な甘さが特徴の一品です。一粒一粒皮を手間暇かけて取りつつも、豆が煮崩れしないことが職人の技であり、日々の僅かな気温や湿度によっても火加減・水加減を長年の経験で調整します。また、素材はシンプルで無添加・無着色で、砂糖と蔵王山系の水をさらに電気分解したアルカリイオン水を使用しています。平成14年 第24回全国菓子大博覧会で最高賞の「名誉総裁賞」を受賞した一品。

東京【惣兵衛最中本舗 あわ家惣兵衛】惣兵衛名物10個詰め 【三越・伊勢丹/公式】

2,463 円(税込)

その昔、小暮村(現練馬区大泉学園町)に住む惣兵衛という力持ちがある武家屋敷に出向いたある日のこと。惣兵衛が力持ちであることを聞いていた屋敷の主人は庭石の一つを指さし、「持ち上げることができたら褒美にその石をやろう」と言いました。見事その大石を持ち上げた惣兵衛は、約束通り、石と褒美の品々を愛馬に背負わせ帰りました。しかしその途中、愛馬は品々の重みに疲れ息絶えてしまったのです。悲しんだ惣兵衛が祀ったという馬頭観音は、現在も練馬区西大泉町に大切に祀られています。「惣兵衛最中」は東京練馬区の有形民俗文化財である「力持ち惣兵衛」の物語を今に伝える名代和菓子。小豆の旨みを失わぬよう、時間をかけてじっくり炊き上げ、歯ごたえのよい求肥餅にしっかり絡め、パリパリしすぎない最中に仕上げます。毎日その日の分だけを煮た小豆で、朝一番に焼き上げる焼きたてどら焼き「朝どら一番」と詰め合わせてお届けします。

愛媛【一福百果・清光堂】一福百果まるごとみかん大福・甘夏大福・島八朔大福 1セット 【三越・伊勢丹/公式】

2,506 円(税込)

愛媛県でも美味しいとされる南予(宇和島、西宇和、八幡浜)のみかんを生産者から直接買い付けています。サイズにもこだわり、大福に合うサイズのみかんをすべて手作業で丁寧に皮をむき筋もきれいに取っています。みかんはまるごと使っていますので口にしたときにみかんの美味しさが口いっぱいに広がります。餡の味、求肥の味もみかんの美味しさを最大限にお伝えできるよう調整いたしました。また餅米粉は国産、白餡は北海道産を使っています。みかんの国愛媛の名にふさわしく、ダイナミックな見た目とその見た目に相反した繊細な味を1度に2度お楽しみ頂ける逸品です。 <ブランド紹介>「まるごとみかん大福」を始めとして「まるごといちじく大福」など、愛媛県産のフルーツを使った大福を販売しています。安心安全であることはもちろんのことお客様に喜んで頂ける商品を提供できることを心掛けています。【お召し上がり方法】製造しすぐに瞬間冷凍で美味しさを閉じこめています。冷凍の状態でお届けいたしますのでお好みで半解凍または全解凍でお召し上がりください。冷蔵庫で半解凍に約1時間半、全解凍に約2時間半~3時間かかります。

愛媛【一福百果・清光堂】一福百果まるごとみかん大福1セット 【三越・伊勢丹/公式】

2,506 円(税込)

愛媛県でも美味しいとされる南予(宇和島、西宇和、八幡浜)のみかんを生産者から直接買い付けています。サイズにもこだわり、大福に合うサイズのみかんをすべて手作業で丁寧に皮をむき筋もきれいに取っています。みかんはまるごと使っていますので口にしたときにみかんの美味しさが口いっぱいに広がります。餡の味、求肥の味もみかんの美味しさを最大限にお伝えできるよう調整いたしました。また餅米粉は国産、白餡は北海道産を使っています。みかんの国愛媛の名にふさわしく、ダイナミックな見た目とその見た目に相反した繊細な味を1度に2度お楽しみ頂ける逸品です。 <ブランド紹介>「まるごとみかん大福」を始めとして「まるごといちじく大福」など、愛媛県産のフルーツを使った大福を販売しています。安心安全であることはもちろんのことお客様に喜んで頂ける商品を提供できることを心掛けています。【お召し上がり方法】製造しすぐに瞬間冷凍で美味しさを閉じこめています。冷凍の状態でお届けいたしますのでお好みで半解凍または全解凍でお召し上がりください。冷蔵庫で半解凍に約1時間半、全解凍に約2時間半~3時間かかります。

東京【HIGASHIYA】豆菓子3種の詰合せ(和三盆豆・昆布豆・柚子胡椒豆) 【三越・伊勢丹/公式】

2,592 円(税込)

豆菓子3種(和三盆豆・昆布豆・柚子胡椒豆)詰合せ。●和三盆豆上品でやさしい甘さの和三盆糖を大粒の落花生にまぶしました。サクサクとした食感が特徴です。●昆布豆大粒の落花生にミネラル豊富な切り昆布をそのまま巻き込み、塩味で仕上げました。昆布の滋味や旨味を存分にお愉しみいただけます。●柚子胡椒豆柚子の皮と青唐辛子を使った香辛料"柚子胡椒"をそら豆に巻き込みました。柚子の香りとピリッとした辛味がお酒のおつまみに最適です。 「菓子」はもともと「果子」と書き、干した果実や木の実を食したのが始まりと言われています。和菓子という文化は、身近な自然の恵みをより大きな自然に見立て、暮らしの中で四季の変化を愉しもうとする日本人の心の豊かさから生まれました。HIGASHIYAとは、つまり、"日々の果子"屋。伝統的な日本の美意識を現代に進化させ、私たちの日常の中に再び息づかせたいという想いが込められています。時代を越えても変わらない伝統的なこと。まだ見たことのない新しいこと。常識にとらわれない豊かな価値。これからの様式。それがHIGASHIYAの志です。

【671223】〈新宿中村屋〉羊羹・〈愛国製茶〉銘茶詰合せ 【三越・伊勢丹/公式】

2,700 円(税込)

三越・伊勢丹オンラインストア/三越伊勢丹限定・先行商品もご紹介【三越/MITSUKOSHI】【伊勢丹/ISETAN】