【伊勢丹】パティスリー・サダハル・アオキ・パリ/patisserieSadaharuAOKIparis・母の日2020

案内人【伊勢丹】パティスリー・サダハル・アオキ・パリ/patisserie Sadaharu AOKI paris・母の日 2020のご紹介です。通常は商品説明にのアイコンが表示されていますが、「限定」「セール」「オリジナル」商品は マークが付いています。また商品は金額の低いものから順に並んでいます。複数ページがあるものはページ数が大きいほどより高額なプレミアム商品が並んでいますので、商品選びの参考になさってください。
三越・伊勢丹のお買い物を更にお得にするMIカードなら最大10% のポイント還元中!【三越】エムアイカード スペシャルショッピング
【伊勢丹】エムアイカード スペシャルショッピング

<パティスリー・サダハル・アオキ・パリ/patisserie Sadaharu AOKI paris> ケーク マッチャ アズキ(洋菓子)【三越・伊勢丹/公式】

2,376 円(税込)

愛知県・南山園の抹茶を加えた贅沢な生地に、小豆をたっぷりのせた一品。フランス産発酵バターに和の素材が際立つケークです。

<パティスリー・サダハル・アオキ・パリ/patisserie Sadaharu AOKI paris> ギフト マクミラン(洋菓子)【三越・伊勢丹/公式】

2,549 円(税込)

素材の選び方はもちろん、粉とバターを混ぜる温度、オーブンから取りだすタイミグなど、どれかひとつでも欠ければ美味しいお菓子は誕生しません。アオキではフランス産発酵バターやフランス産の小麦など素材からこだわり、基本に逆らわず丁寧に焼き上げています。マクミラン柄のかわいい丸箱に詰合せました。

<パティスリー・サダハル・アオキ・パリ/patisserie Sadaharu AOKI paris> SDC015 ガナッシュ プラリネ【三越・伊勢丹/公式】

3,078 円(税込)

イタリア産ヘーゼルナッツとスペイン産アーモンドの自家製プラリネに、サクサクした食感が楽しめるフィヨンティーヌプラリネを加えてアクセントを加えました。そこに柚子・パッションフルーツ・フランボワーズといったフルーツのうまみと酸味、抹茶の優しい甘みと奥深い渋み、ピスタチオが持つ独特の香りとコクといった、素材の美味しさが活きたガナッシュが加わり香ばしいプラリネと見事に調和します。〈ブランド説明〉1968年東京都生まれ。青山「シャンドン」を経て、89年に単身渡仏。パリ「ジャン・ミエ」、「レストラン メディテラネ」、スイス「レストラン ジェラルデ」でキャリアを重ねる。96年、フランスのシャルルプルースト杯味覚部門で優勝。98年、パリにアトリエ開設。パリ市内のサロン・ド・テやレストラン、ホテルなどにプティ・フールやアントルメを中心としたお菓子を提供、さらにパリコレクションでは数々の一流グランメゾンにお菓子を提供し、大きな話題に。2001年パリ6区サンジェルマンに念願の店舗「パティスリー・サダハル・アオキ・パリ」を開店。03年にはパリ5区に2号店、パリ9区のギャラリー・ラファイエット内にコーナーをオープン。08年にはパリ15区に4店舗目、17年には5店舗目を開店。商品のモダンさと昔ながらの伝統的な納得の味が地元っ子に喝采を浴び、今では誰もが認めるフランスのパティシエとしてその人気は定着。日本では、05年3月に東京・丸の内に1号店をオープン、06年に新宿伊勢丹店、07年に東京ミッドタウン店、12年に渋谷ヒカリエ店、13年に名古屋タカシマヤ店を開店し、現在5店舗を構える。0

<パティスリー・サダハル・アオキ・パリ/patisserie Sadaharu AOKI paris> SDC016 AOKI 2020【三越・伊勢丹/公式】

3,078 円(税込)

過去フランスのショコラ品評会にて7度の最高位。過去の受賞作を詰め合わせた新作アソート。その中でも5回の受賞を果たし、また、初めて最高位(当時のAward)を受賞したアオキにとっても、特別かつ思い出深い「クリオロ」を中心に、2013年「マロン カシス」、2014年「プラリネ ゲンマイチャ」、2017年「プラリネ ノワゼット」、2018年「ミエル セザム」、2015・2018年「パッション」をお楽しみ頂けます。〈ブランド説明〉1968年東京都生まれ。青山「シャンドン」を経て、89年に単身渡仏。パリ「ジャン・ミエ」、「レストラン メディテラネ」、スイス「レストラン ジェラルデ」でキャリアを重ねる。96年、フランスのシャルルプルースト杯味覚部門で優勝。98年、パリにアトリエ開設。パリ市内のサロン・ド・テやレストラン、ホテルなどにプティ・フールやアントルメを中心としたお菓子を提供、さらにパリコレクションでは数々の一流グランメゾンにお菓子を提供し、大きな話題に。2001年パリ6区サンジェルマンに念願の店舗「パティスリー・サダハル・アオキ・パリ」を開店。03年にはパリ5区に2号店、パリ9区のギャラリー・ラファイエット内にコーナーをオープン。08年にはパリ15区に4店舗目、17年には5店舗目を開店。商品のモダンさと昔ながらの伝統的な納得の味が地元っ子に喝采を浴び、今では誰もが認めるフランスのパティシエとしてその人気は定着。日本では、05年3月に東京・丸の内に1号店をオープン、06年に新宿伊勢丹店、07年に東京ミッドタウン店、12年に渋谷ヒカリエ店、13年に名古屋タカシマヤ店を開店し、現在5店舗を構える。07

<パティスリー・サダハル・アオキ・パリ/patisserie Sadaharu AOKI paris> VT541 AOKI 2020【三越・伊勢丹/公式】

3,078 円(税込)

過去フランスのショコラ品評会にて7度の最高位したアオキ氏の、過去の受賞作を詰め合わせた新作アソート。その中でも5回の受賞を果たし、また、初めて最高位(当時のAward)を受賞したアオキ氏にとっても、特別かつ思い出深い「クリオロ」を中心に、2013年「マロン カシス」、2014年「プラリネ ゲンマイチャ」、2017年「プラリネ ノワゼット」、2018年「ミエル セザム」、2015・2018年「パッション」をお楽しみ頂けます。〈ブランド説明〉1968年東京都生まれ。青山「シャンドン」を経て、89年に単身渡仏。パリ「ジャン・ミエ」、「レストラン メディテラネ」、スイス「レストラン ジェラルデ」でキャリアを重ねる。95年、フランスのシャルルプルースト杯味覚部門で優勝。98年、パリにアトリエ開設。パリ市内のサロン・ド・テやレストラン、ホテルなどにプティ・フールやアントルメを中心としたお菓子を提供、さらにパリコレクションでは数々の一流グランメゾンにお菓子を提供し、大きな話題に。2001年パリ6区サンジェルマンに念願の店舗「パティスリー・サダハル・アオキ・パリ」を開店。03年にはパリ5区に2号店、パリ9区のギャラリー・ラファイエット内にコーナーをオープン。08年にはパリ15区に4店舗目、17年には5店舗目を開店。商品のモダンさと昔ながらの伝統的な納得の味が地元っ子に喝采を浴び、今では誰もが認めるフランスのパティシエとしてその人気は定着。日本では、05年3月に東京・丸の内に1号店をオープン、06年に新宿伊勢丹店、07年に東京ミッドタウン店、12年に渋谷ヒカリエ店、13年に名古屋タカシマヤ店を開店し、現在5

<パティスリー・サダハル・アオキ・パリ/patisserie Sadaharu AOKI paris>【チョコレート】プティ ボワット(洋菓子)【三越・伊勢丹/公式】

3,240 円(税込)

クッキー ヴァニーユ:バニラビーンズで香りよく仕立てました。クッキー ショコラ:サクサクの食感にカカオプードルを利かせて。サブレノ ワゼット:ほろっと崩れる食感豊かなヘーゼルナッツのサブレ。マドレーヌ シトロン ベルガモット:シトロンとベルガモットで仕上げたさわやかなマドレーヌ。マカロン ラスク:マカロン生地をサクッと香ばしく焼きあげたラスク。フロランタン ナチュール:バターの香りとキャラメルの苦みで食べごたえのある一品。フロランタン ショコラ:キャラメルとショコラ、2つのビターでより濃厚な味わい。<パティスリー・サダハル・アオキ・パリ>1989年に単身渡仏し、1995年のフランスのシャルルプルースト杯味覚部門で優勝、その後2001年パリ六区のサンジェルマンに、念願の店舗「パティスリー・サダハル・アオキ・パリ」を開店した青木定治のブランド。世界でも注目されるパティシエが作るスウィーツです。

<パティスリー・サダハル・アオキ・パリ/patisserie Sadaharu AOKI paris> ボワット ラ ドゥーズ(洋菓子)【三越・伊勢丹/公式】

4,320 円(税込)

クッキー ヴァニーユ:バニラビーンズで香りよく仕立てました。クッキー ショコラ:サクサクの食感にカカオプードルを利かせて。サブレ ノワゼット:ほろっと崩れる食感豊かなヘーゼルナッツのサブレ。マドレーヌ シトロン ベルガモット:シトロンとベルガモットで仕上げたさわやかなマドレーヌ。フロランタン ナチュール:バターの香りとキャラメルの苦みで食べごたえのある一品。フロランタン ショコラ:キャラメルとショコラ、2つのビターでより濃厚な味わい。フィナンシェ ナチュール:焦がしバターの香りがふわっと突き抜ける一品。<パティスリー・サダハル・アオキ・パリ>1989年に単身渡仏し、1995年のフランスのシャルルプルースト杯味覚部門で優勝、その後2001年パリ六区のサンジェルマンに、念願の店舗「パティスリー・サダハル・アオキ・パリ」を開店した青木定治のブランド。世界でも注目されるパティシエが作るスウィーツです。

<パティスリー・サダハル・アオキ・パリ/patisserie Sadaharu AOKI paris> VT542 ボンボン ショコラ 12P【三越・伊勢丹/公式】

4,968 円(税込)

こだわりの原材料を使い、そのまま口にするよりもおいしく仕上げるのがアオキ氏のお菓子作り。12種それぞれに異なるフレーバーは、それぞれの素材の酸味・旨味・苦みなどの個性を最大限に活かしたアオキの代表的ショコラ。抹茶や柚子、黒ゴマといった和素材とショコラの調和もアオキ氏ならでは。〈ブランド説明〉1968年東京都生まれ。青山「シャンドン」を経て、89年に単身渡仏。パリ「ジャン・ミエ」、「レストラン メディテラネ」、スイス「レストラン ジェラルデ」でキャリアを重ねる。95年、フランスのシャルルプルースト杯味覚部門で優勝。98年、パリにアトリエ開設。パリ市内のサロン・ド・テやレストラン、ホテルなどにプティ・フールやアントルメを中心としたお菓子を提供、さらにパリコレクションでは数々の一流グランメゾンにお菓子を提供し、大きな話題に。2001年パリ6区サンジェルマンに念願の店舗「パティスリー・サダハル・アオキ・パリ」を開店。03年にはパリ5区に2号店、パリ9区のギャラリー・ラファイエット内にコーナーをオープン。08年にはパリ15区に4店舗目、17年には5店舗目を開店。商品のモダンさと昔ながらの伝統的な納得の味が地元っ子に喝采を浴び、今では誰もが認めるフランスのパティシエとしてその人気は定着。日本では、05年3月に東京・丸の内に1号店をオープン、06年に新宿伊勢丹店、07年に東京ミッドタウン店、12年に渋谷ヒカリエ店、13年に名古屋タカシマヤ店を開店し、現在5店舗を構える。07年にルレ・デセール(世界最高峰の菓子職人の組織)のフランスのメンバーとなる。11年にフランス最優秀パテ

<パティスリー・サダハル・アオキ・パリ/patisserie Sadaharu AOKI paris>【チョコレート】モワイヤン ボワット(洋菓子)【三越・伊勢丹/公式】

5,400 円(税込)

クッキー ヴァニーユ:バニラビーンズで香りよく仕立てました。クッキー ショコラ:サクサクの食感にカカオプードルを利かせて。サブレノ ワゼット:ほろっと崩れる食感豊かなヘーゼルナッツのサブレ。マドレーヌ シトロン ベルガモット:シトロンとベルガモットで仕上げたさわやかなマドレーヌ。マカロン ラスク:マカロン生地をサクッと香ばしく焼きあげたラスク。フロランタン ナチュール:バターの香りとキャラメルの苦みで食べごたえのある一品。フロランタン ショコラ:キャラメルとショコラ、2つのビターでより濃厚な味わい。フィナンシェ ナチュール:焦がしバターの香りがふわっと突き抜ける一品。<パティスリー・サダハル・アオキ・パリ>1989年に単身渡仏し、1995年のフランスのシャルルプルースト杯味覚部門で優勝、その後2001年パリ六区のサンジェルマンに、念願の店舗「パティスリー・サダハル・アオキ・パリ」を開店した青木定治のブランド。世界でも注目されるパティシエが作るスウィーツです。