【三越伊勢丹】銀座あけぼの/ギンザアケボノ・母の日おすすめ

案内人【三越伊勢丹】銀座あけぼの/ギンザアケボノ・母の日おすすめのご紹介です。通常は商品説明にのアイコンが表示されていますが、「限定」「セール」「オリジナル」商品は マークが付いています。また商品は金額の低いものから順に並んでいます。複数ページがあるものはページ数が大きいほどより高額なプレミアム商品が並んでいますので、商品選びの参考になさってください。
◆◇◆2020 三越伊勢丹 夏のクリアランスセール◆◇◆
ウェアやバッグ、シューズなどのファッションアイテムからリビングアイテムまで幅広く取り揃え!
三越伊勢丹オンラインストア
2020 三越伊勢丹 夏のクリアランスセール

<銀座あけぼの/ギンザアケボノ> それぞれ一点(和菓子)【三越伊勢丹/公式】

130 円(税込)

みやこがねもち米と香り高い国内産海苔、胡麻などの素材の組合せを楽しむ薄焼おかきの詰合せです。<ブランド紹介>銀座あけぼのは銀座で育った菓子屋です。まだ焼跡の匂いが残る終戦直後、銀座四丁目交差点近くに、冬はおしるこ、夏はカキ氷の店として誕生しました。当時は甘いものが大変貴重であり、敗戦で疲れ果てた人々の心を和ませ、明日への活力の素になったそうです。「新しい日本の夜明け」を願う気持ちが、「あけぼの」という名前に込められています。創業以来、時代やお客様の好みの変化とともに、つねに新しいことに挑戦し喜んでいただくことで今日まで参りました。お菓子が満たすのはお腹ではなく心。今を生きるお客様の心を満たしつづけること。それが<銀座あけぼの>の仕事です。

<銀座あけぼの/ギンザアケボノ> それぞれ二結(和菓子)【三越伊勢丹/公式】

130 円(税込)

紅梅、白梅、さくさく揚げ塩や醤油おかきなど、対の味や形で縁結びを表現した組合せです。<ブランド紹介>銀座あけぼのは銀座で育った菓子屋です。まだ焼跡の匂いが残る終戦直後、銀座四丁目交差点近くに、冬はおしるこ、夏はカキ氷の店として誕生しました。当時は甘いものが大変貴重であり、敗戦で疲れ果てた人々の心を和ませ、明日への活力の素になったそうです。「新しい日本の夜明け」を願う気持ちが、「あけぼの」という名前に込められています。創業以来、時代やお客様の好みの変化とともに、つねに新しいことに挑戦し喜んでいただくことで今日まで参りました。お菓子が満たすのはお腹ではなく心。今を生きるお客様の心を満たしつづけること。それが<銀座あけぼの>の仕事です。

<銀座あけぼの/ギンザアケボノ> それぞれ五鯉(和菓子)【三越伊勢丹/公式】

173 円(税込)

海苔と昆布のかわいい鯉や、黒大豆、黒胡麻など、みやこがねもち米の旨みが活きた杵つきおかきの組合せです。<ブランド紹介>銀座あけぼのは銀座で育った菓子屋です。まだ焼跡の匂いが残る終戦直後、銀座四丁目交差点近くに、冬はおしるこ、夏はカキ氷の店として誕生しました。当時は甘いものが大変貴重であり、敗戦で疲れ果てた人々の心を和ませ、明日への活力の素になったそうです。「新しい日本の夜明け」を願う気持ちが、「あけぼの」という名前に込められています。創業以来、時代やお客様の好みの変化とともに、つねに新しいことに挑戦し喜んでいただくことで今日まで参りました。お菓子が満たすのはお腹ではなく心。今を生きるお客様の心を満たしつづけること。それが<銀座あけぼの>の仕事です。

<銀座あけぼの/ギンザアケボノ> それぞれ三果(和菓子)【三越伊勢丹/公式】

173 円(税込)

小豆、抹茶のあんこおかきや、三果[桃・ざくろ・仏手柑]の果実を模したおかきなど、和素材の新しい味わいを表現した組合せです。<ブランド紹介>銀座あけぼのは銀座で育った菓子屋です。まだ焼跡の匂いが残る終戦直後、銀座四丁目交差点近くに、冬はおしるこ、夏はカキ氷の店として誕生しました。当時は甘いものが大変貴重であり、敗戦で疲れ果てた人々の心を和ませ、明日への活力の素になったそうです。「新しい日本の夜明け」を願う気持ちが、「あけぼの」という名前に込められています。創業以来、時代やお客様の好みの変化とともに、つねに新しいことに挑戦し喜んでいただくことで今日まで参りました。お菓子が満たすのはお腹ではなく心。今を生きるお客様の心を満たしつづけること。それが<銀座あけぼの>の仕事です。

<銀座あけぼの/ギンザアケボノ> それぞれ七宝(和菓子)【三越伊勢丹/公式】

281 円(税込)

七宝文を型押しした海老煎、海老姿焼、いか煎餅など、海の幸の旨みが活きた海鮮せんべいの組合せです。<ブランド紹介>銀座あけぼのは銀座で育った菓子屋です。まだ焼跡の匂いが残る終戦直後、銀座四丁目交差点近くに、冬はおしるこ、夏はカキ氷の店として誕生しました。当時は甘いものが大変貴重であり、敗戦で疲れ果てた人々の心を和ませ、明日への活力の素になったそうです。「新しい日本の夜明け」を願う気持ちが、「あけぼの」という名前に込められています。創業以来、時代やお客様の好みの変化とともに、つねに新しいことに挑戦し喜んでいただくことで今日まで参りました。お菓子が満たすのはお腹ではなく心。今を生きるお客様の心を満たしつづけること。それが<銀座あけぼの>の仕事です。 。

<銀座あけぼの/ギンザアケボノ> それぞれ六瓢(和菓子)【三越伊勢丹/公式】

281 円(税込)

手巻納豆やきなこ、八丁味噌あられなど、体にうれしく、滋味に富んだ個性あふれる組合せです。<ブランド紹介>銀座あけぼのは銀座で育った菓子屋です。まだ焼跡の匂いが残る終戦直後、銀座四丁目交差点近くに、冬はおしるこ、夏はカキ氷の店として誕生しました。当時は甘いものが大変貴重であり、敗戦で疲れ果てた人々の心を和ませ、明日への活力の素になったそうです。「新しい日本の夜明け」を願う気持ちが、「あけぼの」という名前に込められています。創業以来、時代やお客様の好みの変化とともに、つねに新しいことに挑戦し喜んでいただくことで今日まで参りました。お菓子が満たすのはお腹ではなく心。今を生きるお客様の心を満たしつづけること。それが<銀座あけぼの>の仕事です。 。

<銀座あけぼの/ギンザアケボノ> 揚げ塩(和菓子)【三越伊勢丹/公式】

378 円(税込)

ほんのりとした塩気があとをひく、ふんわり軽い揚げおかきです。銀座あけぼのは銀座で育った菓子屋です。まだ焼跡の匂いが残る終戦直後、銀座四丁目交差点近くに、冬はおしるこ、夏はカキ氷の店として誕生しました。当時は甘いものが大変貴重であり、敗戦で疲れ果てた人々の心を和ませ、明日への活力の素になったそうです。「新しい日本の夜明け」を願う気持ちが、「あけぼの」という名前に込められています。創業以来、時代やお客様の好みの変化とともに、つねに新しいことに挑戦し喜んでいただくことで今日まで参りました。お菓子が満たすのはお腹ではなく心。今を生きるお客様の心を満たしつづけること。それが<銀座あけぼの>の仕事です。

<銀座あけぼの/ギンザアケボノ> 揚げ醤油(和菓子)【三越伊勢丹/公式】

378 円(税込)

だしが香る、うまみ豊かな醤油味の揚げおかきです。銀座あけぼのは銀座で育った菓子屋です。まだ焼跡の匂いが残る終戦直後、銀座四丁目交差点近くに、冬はおしるこ、夏はカキ氷の店として誕生しました。当時は甘いものが大変貴重であり、敗戦で疲れ果てた人々の心を和ませ、明日への活力の素になったそうです。「新しい日本の夜明け」を願う気持ちが、「あけぼの」という名前に込められています。創業以来、時代やお客様の好みの変化とともに、つねに新しいことに挑戦し喜んでいただくことで今日まで参りました。お菓子が満たすのはお腹ではなく心。今を生きるお客様の心を満たしつづけること。それが<銀座あけぼの>の仕事です。

<銀座あけぼの/ギンザアケボノ> 甘海老あげもち 袋(和菓子)【三越伊勢丹/公式】

400 円(税込)

新鮮な甘海老をまるごとすり身にして、生地にたっぷり練り込みました。袋をあけると甘海老の香りがふわっとひろがります。さっくりソフトな食感と絶妙な塩味があとひく美味しさです。 銀座あけぼのは銀座で育った菓子屋です。まだ焼跡の匂いが残る終戦直後、銀座四丁目交差点近くに、冬はおしるこ、夏はカキ氷の店として誕生しました。当時は甘いものが大変貴重であり、敗戦で疲れ果てた人々の心を和ませ、明日への活力の素になったそうです。「新しい日本の夜明け」を願う気持ちが、「あけぼの」という名前に込められています。創業以来、時代やお客様の好みの変化とともに、つねに新しいことに挑戦し喜んでいただくことで今日まで参りました。お菓子が満たすのはお腹ではなく心。今を生きるお客様の心を満たしつづけること。それが<銀座あけぼの>の仕事です。

<銀座あけぼの/ギンザアケボノ> ちょこっと(和菓子)【三越伊勢丹/公式】

454 円(税込)

ほろ苦いチョコとコクのあるナッツが薄焼きおかきによく合います。アーモンドとカシューナッツの2種類の組み合わせをお楽しみください。〈銀座あけぼの〉銀座あけぼのは銀座で育った菓子屋です。まだ焼跡の匂いが残る終戦直後、銀座四丁目交差点近くに、冬はおしるこ、夏はカキ氷の店として誕生しました。当時は甘いものが大変貴重であり、敗戦で疲れ果てた人々の心を和ませ、明日への活力の素になったそうです。「新しい日本の夜明け」を願う気持ちが、「あけぼの」という名前に込められております。創業以来、時代やお客様の好みの変化とともに、つねに新しいことに挑戦し喜んでいただくことで今日までやって参りました。お菓子が満たすのはお腹ではなく心。今を生きるお客様の心を満たしつづけること。それが私ども銀座あけぼのの仕事です。

<銀座あけぼの/ギンザアケボノ> 松の実あられ(和菓子)【三越伊勢丹/公式】

497 円(税込)

杵でついてお米のうまみを引き出したキムチ味の小粒あられと、コリッとした食感の松の実を少量ずつ小袋に詰めました。ピリッと小気味よい辛みとコクのある美味しさがお口に広がります。<ブランド紹介>銀座あけぼのは銀座で育った菓子屋です。まだ焼跡の匂いが残る終戦直後、銀座四丁目交差点近くに、冬はおしるこ、夏はカキ氷の店として誕生しました。当時は甘いものが大変貴重であり、敗戦で疲れ果てた人々の心を和ませ、明日への活力の素になったそうです。「新しい日本の夜明け」を願う気持ちが、「あけぼの」という名前に込められております。創業以来、時代やお客様の好みの変化とともに、つねに新しいことに挑戦し喜んでいただくことで今日までやって参りました。お菓子が満たすのはお腹ではなく心。今を生きるお客様の心を満たしつづけること。それが私ども銀座あけぼのの仕事です。

<銀座あけぼの/ギンザアケボノ> チーズおかき(和菓子)【三越伊勢丹/公式】

540 円(税込)

「味の民藝」でもお馴染みの、カリッと香ばしいおかきと濃厚チーズを合わせたおかきです。シンプルなプレーンの他、ほんのり甘いレーズン、香ばしいアーモンドや、磯の香り豊かな海苔。全4種の美味しさをお楽しみいただける詰合せです。 <ブランド紹介>銀座あけぼのは銀座で育った菓子屋です。まだ焼跡の匂いが残る終戦直後、銀座四丁目交差点近くに、冬はおしるこ、夏はカキ氷の店として誕生しました。当時は甘いものが大変貴重であり、敗戦で疲れ果てた人々の心を和ませ、明日への活力の素になったそうです。「新しい日本の夜明け」を願う気持ちが、「あけぼの」という名前に込められています。創業以来、時代やお客様の好みの変化とともに、つねに新しいことに挑戦し喜んでいただくことで今日まで参りました。お菓子が満たすのはお腹ではなく心。今を生きるお客様の心を満たしつづけること。それが<銀座あけぼの>の仕事です。

<銀座あけぼの/ギンザアケボノ> われげんこつ(和菓子)【三越伊勢丹/公式】

594 円(税込)

生地の割れめに、特製醤油ダレがじんわり染み込んだ、大人気の堅焼きおかきです。外はしっかりとした歯ごたえで、中はさっくりと歯切れがよく、かめばかむほどお米の旨みが広がります。 <ブランド紹介>銀座あけぼのは銀座で育った菓子屋です。まだ焼跡の匂いが残る終戦直後、銀座四丁目交差点近くに、冬はおしるこ、夏はカキ氷の店として誕生しました。当時は甘いものが大変貴重であり、敗戦で疲れ果てた人々の心を和ませ、明日への活力の素になったそうです。「新しい日本の夜明け」を願う気持ちが、「あけぼの」という名前に込められています。創業以来、時代やお客様の好みの変化とともに、つねに新しいことに挑戦し喜んでいただくことで今日まで参りました。お菓子が満たすのはお腹ではなく心。今を生きるお客様の心を満たしつづけること。それが<銀座あけぼの>の仕事です。

<銀座あけぼの/ギンザアケボノ> 磯の味焼海苔(和菓子)【三越伊勢丹/公式】

594 円(税込)

磯の香り豊かな焼海苔を巻いた、パリッと香ばしいおかきです。 銀座あけぼのは銀座で育った菓子屋です。まだ焼跡の匂いが残る終戦直後、銀座四丁目交差点近くに、冬はおしるこ、夏はカキ氷の店として誕生しました。当時は甘いものが大変貴重であり、敗戦で疲れ果てた人々の心を和ませ、明日への活力の素になったそうです。「新しい日本の夜明け」を願う気持ちが、「あけぼの」という名前に込められています。創業以来、時代やお客様の好みの変化とともに、つねに新しいことに挑戦し喜んでいただくことで今日まで参りました。お菓子が満たすのはお腹ではなく心。今を生きるお客様の心を満たしつづけること。それが<銀座あけぼの>の仕事です。

<銀座あけぼの/ギンザアケボノ> 海苔羽衣(和菓子)【三越伊勢丹/公式】

594 円(税込)

サクッと軽い"羽衣"のような薄焼きおかきに、木桶仕込みの醤油を使ったうまみのあるタレをからませました。香り高い国産海苔が重なって、つい手が伸びる美味しさです。<ブランド紹介>銀座あけぼのは銀座で育った菓子屋です。まだ焼跡の匂いが残る終戦直後、銀座四丁目交差点近くに、冬はおしるこ、夏はカキ氷の店として誕生しました。当時は甘いものが大変貴重であり、敗戦で疲れ果てた人々の心を和ませ、明日への活力の素になったそうです。「新しい日本の夜明け」を願う気持ちが、「あけぼの」という名前に込められております。創業以来、時代やお客様の好みの変化とともに、つねに新しいことに挑戦し喜んでいただくことで今日までやって参りました。お菓子が満たすのはお腹ではなく心。今を生きるお客様の心を満たしつづけること。それが私ども銀座あけぼのの仕事です。

<銀座あけぼの/ギンザアケボノ> 手巻き納豆(和菓子)【三越伊勢丹/公式】

702 円(税込)

乾燥させた納豆とサクサクのおかきを合わせました。やみつきになるなる美味しさです。〈銀座あけぼの〉銀座あけぼのは銀座で育った菓子屋です。まだ焼跡の匂いが残る終戦直後、銀座四丁目交差点近くに、冬はおしるこ、夏はカキ氷の店として誕生しました。当時は甘いものが大変貴重であり、敗戦で疲れ果てた人々の心を和ませ、明日への活力の素になったそうです。「新しい日本の夜明け」を願う気持ちが、「あけぼの」という名前に込められております。創業以来、時代やお客様の好みの変化とともに、つねに新しいことに挑戦し喜んでいただくことで今日までやって参りました。お菓子が満たすのはお腹ではなく心。今を生きるお客様の心を満たしつづけること。それが私ども銀座あけぼのの仕事です。

<銀座あけぼの/ギンザアケボノ> 味の民藝 袋(和菓子)【三越伊勢丹/公式】

702 円(税込)

ご進物でお馴染みの「味の民藝」を、手軽に楽しんでいただけるように袋へ詰め合わせました。定番のおかきやチーズ・チョコなど個性的なおかきまで、全部で12種類のお味がお楽しみいただけます。<ブランド紹介>銀座あけぼのは銀座で育った菓子屋です。まだ焼跡の匂いが残る終戦直後、銀座四丁目交差点近くに、冬はおしるこ、夏はカキ氷の店として誕生しました。当時は甘いものが大変貴重であり、敗戦で疲れ果てた人々の心を和ませ、明日への活力の素になったそうです。「新しい日本の夜明け」を願う気持ちが、「あけぼの」という名前に込められております。創業以来、時代やお客様の好みの変化とともに、つねに新しいことに挑戦し喜んでいただくことで今日までやって参りました。お菓子が満たすのはお腹ではなく心。今を生きるお客様の心を満たしつづけること。それが私ども銀座あけぼのの仕事です。

<銀座あけぼの/ギンザアケボノ> 二十四節花 28入(和菓子)【三越伊勢丹/公式】

864 円(税込)

素材、味わいにこだわり抜いたおかき八菓撰です。個包装には、二十四節気に咲く花と、その花にちなんだ俳句を載せています。和花があしらわれた美しい袋にお入れしてお届けいたします。<銀座あけぼの>は銀座で育った菓子屋です。終戦直後、銀座四丁目交差点近くに、冬はおしるこ、夏はカキ氷の店として誕生、人々の心を和ませ明日への活力の素になったそうです。「新しい日本の夜明けを願う気持ちが「あけぼの」という名前に込められております。創業以来、時代やお客様の好みの変化とともに常に新しいことに挑戦し、喜んでいただくことで今日までやって参りました。お菓子が満たすのはお腹ではなく心。今を生きるお客様の心を満たし続けること。それが私ども<銀座あけぼの>の仕事です。

<銀座あけぼの/ギンザアケボノ> 海苔チーズサンド(和菓子)【三越伊勢丹/公式】

918 円(税込)

ほんのり甘いまろやかなチーズをさくっと焼き上げたおかきでサンドしました。香り高い国産海苔が豊かに香ります。 <ブランド紹介>銀座あけぼのは銀座で育った菓子屋です。まだ焼跡の匂いが残る終戦直後、銀座四丁目交差点近くに、冬はおしるこ、夏はカキ氷の店として誕生しました。当時は甘いものが大変貴重であり、敗戦で疲れ果てた人々の心を和ませ、明日への活力の素になったそうです。「新しい日本の夜明け」を願う気持ちが、「あけぼの」という名前に込められています。創業以来、時代やお客様の好みの変化とともに、つねに新しいことに挑戦し喜んでいただくことで今日まで参りました。お菓子が満たすのはお腹ではなく心。今を生きるお客様の心を満たしつづけること。それが<銀座あけぼの>の仕事です。

<銀座あけぼの/ギンザアケボノ> それぞれ 4種6袋入(和菓子)【三越伊勢丹/公式】

1,080 円(税込)

素材・味わい・食感にこだわった様々なおかきや海鮮せんべいを色鮮やかな和文様の小袋に詰合せました。4種類の詰合せ袋が6袋入り、ちょっとしたお手土産にぴったりな詰合せです。 銀座あけぼのは銀座で育った菓子屋です。まだ焼跡の匂いが残る終戦直後、銀座四丁目交差点近くに、冬はおしるこ、夏はカキ氷の店として誕生しました。当時は甘いものが大変貴重であり、敗戦で疲れ果てた人々の心を和ませ、明日への活力の素になったそうです。「新しい日本の夜明け」を願う気持ちが、「あけぼの」という名前に込められています。創業以来、時代やお客様の好みの変化とともに、つねに新しいことに挑戦し喜んでいただくことで今日まで参りました。お菓子が満たすのはお腹ではなく心。今を生きるお客様の心を満たしつづけること。それが<銀座あけぼの>の仕事です

<銀座あけぼの/ギンザアケボノ> それぞれ 巾着 6種6袋入(和菓子)【三越伊勢丹/公式】

1,296 円(税込)

素材・味わい・食感にこだわった様々なおかきや海鮮せんべいを色鮮やかな和文様の小袋に詰合せました。かわいらしい巾着に5~7種のおかきが入った袋(全6種)が1袋ずつ入り、全36種の味わいがお楽しみ頂けます。 銀座あけぼのは銀座で育った菓子屋です。まだ焼跡の匂いが残る終戦直後、銀座四丁目交差点近くに、冬はおしるこ、夏はカキ氷の店として誕生しました。当時は甘いものが大変貴重であり、敗戦で疲れ果てた人々の心を和ませ、明日への活力の素になったそうです。「新しい日本の夜明け」を願う気持ちが、「あけぼの」という名前に込められています。創業以来、時代やお客様の好みの変化とともに、つねに新しいことに挑戦し喜んでいただくことで今日まで参りました。お菓子が満たすのはお腹ではなく心。今を生きるお客様の心を満たしつづけること。それが<銀座あけぼの>の仕事です

<銀座あけぼの/ギンザアケボノ> 二十四節花 36入(和菓子)【三越伊勢丹/公式】

1,296 円(税込)

素材、味わいにこだわり抜いたおかき八菓撰です。個包装には、二十四節気に咲く花と、その花にちなんだ俳句を載せています。美しい和花があしらわれた化粧箱にお入れしてお届けいたします。<銀座あけぼの>は銀座で育った菓子屋です。終戦直後、銀座四丁目交差点近くに、冬はおしるこ、夏はカキ氷の店として誕生、人々の心を和ませ明日への活力の素になったそうです。「新しい日本の夜明けを願う気持ちが「あけぼの」という名前に込められております。創業以来、時代やお客様の好みの変化とともに常に新しいことに挑戦し、喜んでいただくことで今日までやって参りました。お菓子が満たすのはお腹ではなく心。今を生きるお客様の心を満たし続けること。それが私ども<銀座あけぼの>の仕事です。

<銀座あけぼの/ギンザアケボノ> 生杏 袋(和菓子)【三越伊勢丹/公式】

1,404 円(税込)

口いっぱいに甘みと酸味がひろがる、やわらかで贅沢な干し杏です。ブレンハイム種の杏を使い、食べやすいようひとつひとつ固い部分を手作業で切り取っています。 <ブランド紹介>銀座あけぼのは銀座で育った菓子屋です。まだ焼跡の匂いが残る終戦直後、銀座四丁目交差点近くに、冬はおしるこ、夏はカキ氷の店として誕生しました。当時は甘いものが大変貴重であり、敗戦で疲れ果てた人々の心を和ませ、明日への活力の素になったそうです。「新しい日本の夜明け」を願う気持ちが、「あけぼの」という名前に込められています。創業以来、時代やお客様の好みの変化とともに、つねに新しいことに挑戦し喜んでいただくことで今日まで参りました。お菓子が満たすのはお腹ではなく心。今を生きるお客様の心を満たしつづけること。それが<銀座あけぼの>の仕事です。

<銀座あけぼの/ギンザアケボノ> 洋杏(和菓子)【三越伊勢丹/公式】

1,404 円(税込)

甘酸っぱくてやわらかい肉厚の杏を、カリッとした砂糖衣でつつみました。砂糖衣の甘さが、あんず本来のさわやかな酸味を引き立てます。 <ブランド紹介>銀座あけぼのは銀座で育った菓子屋です。まだ焼跡の匂いが残る終戦直後、銀座四丁目交差点近くに、冬はおしるこ、夏はカキ氷の店として誕生しました。当時は甘いものが大変貴重であり、敗戦で疲れ果てた人々の心を和ませ、明日への活力の素になったそうです。「新しい日本の夜明け」を願う気持ちが、「あけぼの」という名前に込められています。創業以来、時代やお客様の好みの変化とともに、つねに新しいことに挑戦し喜んでいただくことで今日まで参りました。お菓子が満たすのはお腹ではなく心。今を生きるお客様の心を満たしつづけること。それが<銀座あけぼの>の仕事です。

<銀座あけぼの/ギンザアケボノ> 味の民藝 22個入(和菓子)【三越伊勢丹/公式】

1,620 円(税込)

素材から装いの細部まで、全てに心を配った銀座あけぼのの自信作です。チーズ・チョコなど個性的なおかきも入った、こだわり12種のおかきを22個詰合せました。※承り日により懸紙のデザインが変わります。(季節)・「春」2/4(立春)~5/5・「夏」5/6(立夏)~8/22・「秋」8/23(処暑)~11/6・「冬」11/7(立冬)~12/15・「飛」12/16~2/3 銀座あけぼのは銀座で育った菓子屋です。まだ焼跡の匂いが残る終戦直後、銀座四丁目交差点近くに、冬はおしるこ、夏はカキ氷の店として誕生しました。当時は甘いものが大変貴重であり、敗戦で疲れ果てた人々の心を和ませ、明日への活力の素になったそうです。「新しい日本の夜明け」を願う気持ちが、「あけぼの」という名前に込められています。創業以来、時代やお客様の好みの変化とともに、つねに新しいことに挑戦し喜んでいただくことで今日まで参りました。お菓子が満たすのはお腹ではなく心。今を生きるお客様の心を満たしつづけること。それが<銀座あけぼの>の仕事です。

<銀座あけぼの/ギンザアケボノ> それぞれ 6種12袋入(和菓子)【三越伊勢丹/公式】

2,160 円(税込)

素材・味わい・食感にこだわった様々なおかきや海鮮せんべいを色鮮やかな和文様の小袋に詰合せました。5~7種のおかきが入った袋が6種、全36種の多彩な味わいをお楽しみいただけます。 銀座あけぼのは銀座で育った菓子屋です。まだ焼跡の匂いが残る終戦直後、銀座四丁目交差点近くに、冬はおしるこ、夏はカキ氷の店として誕生しました。当時は甘いものが大変貴重であり、敗戦で疲れ果てた人々の心を和ませ、明日への活力の素になったそうです。「新しい日本の夜明け」を願う気持ちが、「あけぼの」という名前に込められています。創業以来、時代やお客様の好みの変化とともに、つねに新しいことに挑戦し喜んでいただくことで今日まで参りました。お菓子が満たすのはお腹ではなく心。今を生きるお客様の心を満たしつづけること。それが<銀座あけぼの>の仕事です。

<銀座あけぼの/ギンザアケボノ> 味の民藝 33個入(和菓子)【三越伊勢丹/公式】

2,160 円(税込)

素材から装いの細部まで、全てに心を配った銀座あけぼのの自信作です。チーズ・チョコなど個性的なおかきも入った、こだわり12種のおかきを33個詰合せました。※承り日により懸紙のデザインが変わります。(季節)・「春」2/4(立春)~5/5・「夏」5/6(立夏)~8/22・「秋」8/23(処暑)~11/6・「冬」11/7(立冬)~12/15・「飛」12/16~2/3 銀座あけぼのは銀座で育った菓子屋です。まだ焼跡の匂いが残る終戦直後、銀座四丁目交差点近くに、冬はおしるこ、夏はカキ氷の店として誕生しました。当時は甘いものが大変貴重であり、敗戦で疲れ果てた人々の心を和ませ、明日への活力の素になったそうです。「新しい日本の夜明け」を願う気持ちが、「あけぼの」という名前に込められています。創業以来、時代やお客様の好みの変化とともに、つねに新しいことに挑戦し喜んでいただくことで今日まで参りました。お菓子が満たすのはお腹ではなく心。今を生きるお客様の心を満たしつづけること。それが<銀座あけぼの>の仕事です。

<銀座あけぼの/ギンザアケボノ> それぞれ 6種18袋入(和菓子)【三越伊勢丹/公式】

3,240 円(税込)

素材・味わい・食感にこだわった様々なおかきや海鮮せんべいを色鮮やかな和文様の小袋に詰合せました。5~7種のおかきが入った袋が6種、全36種の多彩な味わいをお楽しみいただけます。 銀座あけぼのは銀座で育った菓子屋です。まだ焼跡の匂いが残る終戦直後、銀座四丁目交差点近くに、冬はおしるこ、夏はカキ氷の店として誕生しました。当時は甘いものが大変貴重であり、敗戦で疲れ果てた人々の心を和ませ、明日への活力の素になったそうです。「新しい日本の夜明け」を願う気持ちが、「あけぼの」という名前に込められています。創業以来、時代やお客様の好みの変化とともに、つねに新しいことに挑戦し喜んでいただくことで今日まで参りました。お菓子が満たすのはお腹ではなく心。今を生きるお客様の心を満たしつづけること。それが<銀座あけぼの>の仕事です。

<銀座あけぼの/ギンザアケボノ> 味の民藝 58個入(和菓子)【三越伊勢丹/公式】

3,240 円(税込)

素材から装いの細部まで、全てに心を配った銀座あけぼのの自信作です。チーズ・チョコなど個性的なおかきも入った、こだわり12種のおかきを58個詰合せました。※承り日により懸紙のデザインが変わります。(季節)・「春」2/4(立春)~5/5・「夏」5/6(立夏)~8/22・「秋」8/23(処暑)~11/6・「冬」11/7(立冬)~12/15・「飛」12/16~2/3 銀座あけぼのは銀座で育った菓子屋です。まだ焼跡の匂いが残る終戦直後、銀座四丁目交差点近くに、冬はおしるこ、夏はカキ氷の店として誕生しました。当時は甘いものが大変貴重であり、敗戦で疲れ果てた人々の心を和ませ、明日への活力の素になったそうです。「新しい日本の夜明け」を願う気持ちが、「あけぼの」という名前に込められています。創業以来、時代やお客様の好みの変化とともに、つねに新しいことに挑戦し喜んでいただくことで今日まで参りました。お菓子が満たすのはお腹ではなく心。今を生きるお客様の心を満たしつづけること。それが<銀座あけぼの>の仕事です。

<銀座あけぼの/ギンザアケボノ> それぞれ 6種24袋入(和菓子)【三越伊勢丹/公式】

5,400 円(税込)

素材・味わい・食感にこだわった様々なおかきや海鮮せんべいを色鮮やかな和文様の小袋に詰合せました。5~7種のおかきが入った袋が6種、全36種の多彩な味わいをお楽しみいただけます。 銀座あけぼのは銀座で育った菓子屋です。まだ焼跡の匂いが残る終戦直後、銀座四丁目交差点近くに、冬はおしるこ、夏はカキ氷の店として誕生しました。当時は甘いものが大変貴重であり、敗戦で疲れ果てた人々の心を和ませ、明日への活力の素になったそうです。「新しい日本の夜明け」を願う気持ちが、「あけぼの」という名前に込められています。創業以来、時代やお客様の好みの変化とともに、つねに新しいことに挑戦し喜んでいただくことで今日まで参りました。お菓子が満たすのはお腹ではなく心。今を生きるお客様の心を満たしつづけること。それが<銀座あけぼの>の仕事です。