【三越伊勢丹】島津薩摩切子/シマヅサツマキリコ・母の日おすすめ

案内人【三越伊勢丹】島津薩摩切子/シマヅサツマキリコ・母の日おすすめのご紹介です。通常は商品説明にのアイコンが表示されていますが、「限定」「セール」「オリジナル」商品は マークが付いています。また商品は金額の低いものから順に並んでいます。複数ページがあるものはページ数が大きいほどより高額なプレミアム商品が並んでいますので、商品選びの参考になさってください。
◆◇◆2020 三越伊勢丹 夏のクリアランスセール◆◇◆
ウェアやバッグ、シューズなどのファッションアイテムからリビングアイテムまで幅広く取り揃え!
三越伊勢丹オンラインストア
2020 三越伊勢丹 夏のクリアランスセール

<島津薩摩切子/シマヅサツマキリコ> 麦酒器 島津紫(パープル)【三越伊勢丹/公式】

30,800 円(税込)

1851年、28代島津斉彬が藩主になり、着色ガラスの研究がなされ、紅・藍・緑等の発色に成功しました。中でも、日本で初めて発色に成功した紅色は「薩摩の紅ガラス」として称賛されたと言われます。明治に一度途絶えてしまった技術を復興させたいと約100年後の1985年に、薩摩ガラス工芸が設立され、当初、紅・藍・紫・緑の4色の薩摩切子を復元。そして文献には生産の記述がありながら、現存するものが見つかっていなかった幻の金赤と黄色の再現に成功。2005年には斉彬ゆかりの新色島津紫を加えました。更に深い色彩から透明へと移り行く美しいグラデーションと繊細なカット技術を駆使し、伝統を生かしながら創意工夫を凝らした二色被せなど、新しいタイプの薩摩切子の製造にも積極的に取り組んでいます。

<島津薩摩切子/シマヅサツマキリコ> 冷酒グラス 紅(アカ)【三越伊勢丹/公式】

34,100 円(税込)

1851年、28代島津斉彬が藩主になり、着色ガラスの研究がなされ、紅・藍・緑等の発色に成功しました。中でも、日本で初めて発色に成功した紅色は「薩摩の紅ガラス」として称賛されたと言われます。明治に一度途絶えてしまった技術を復興させたいと約100年後の1985年に、薩摩ガラス工芸が設立され、当初、紅・藍・紫・緑の4色の薩摩切子を復元。そして文献には生産の記述がありながら、現存するものが見つかっていなかった幻の金赤と黄色の再現に成功。2005年には斉彬ゆかりの新色島津紫を加えました。更に深い色彩から透明へと移り行く美しいグラデーションと繊細なカット技術を駆使し、伝統を生かしながら創意工夫を凝らした二色被せなど、新しいタイプの薩摩切子の製造にも積極的に取り組んでいます。

<島津薩摩切子/シマヅサツマキリコ> 冷酒グラス 黄(キイロ)【三越伊勢丹/公式】

35,200 円(税込)

1851年、28代島津斉彬が藩主になり、着色ガラスの研究がなされ、紅・藍・緑等の発色に成功しました。中でも、日本で初めて発色に成功した紅色は「薩摩の紅ガラス」として称賛されたと言われます。明治に一度途絶えてしまった技術を復興させたいと約100年後の1985年に、薩摩ガラス工芸が設立され、当初、紅・藍・紫・緑の4色の薩摩切子を復元。そして文献には生産の記述がありながら、現存するものが見つかっていなかった幻の金赤と黄色の再現に成功。2005年には斉彬ゆかりの新色島津紫を加えました。更に深い色彩から透明へと移り行く美しいグラデーションと繊細なカット技術を駆使し、伝統を生かしながら創意工夫を凝らした二色被せなど、新しいタイプの薩摩切子の製造にも積極的に取り組んでいます。

<島津薩摩切子/シマヅサツマキリコ> 冷酒グラス 金赤(アカ)【三越伊勢丹/公式】

35,200 円(税込)

1851年、28代島津斉彬が藩主になり、着色ガラスの研究がなされ、紅・藍・緑等の発色に成功しました。中でも、日本で初めて発色に成功した紅色は「薩摩の紅ガラス」として称賛されたと言われます。明治に一度途絶えてしまった技術を復興させたいと約100年後の1985年に、薩摩ガラス工芸が設立され、当初、紅・藍・紫・緑の4色の薩摩切子を復元。そして文献には生産の記述がありながら、現存するものが見つかっていなかった幻の金赤と黄色の再現に成功。2005年には斉彬ゆかりの新色島津紫を加えました。更に深い色彩から透明へと移り行く美しいグラデーションと繊細なカット技術を駆使し、伝統を生かしながら創意工夫を凝らした二色被せなど、新しいタイプの薩摩切子の製造にも積極的に取り組んでいます。

<島津薩摩切子/シマヅサツマキリコ> 冷酒グラス 島津紫(パープル)【三越伊勢丹/公式】

35,200 円(税込)

1851年、28代島津斉彬が藩主になり、着色ガラスの研究がなされ、紅・藍・緑等の発色に成功しました。中でも、日本で初めて発色に成功した紅色は「薩摩の紅ガラス」として称賛されたと言われます。明治に一度途絶えてしまった技術を復興させたいと約100年後の1985年に、薩摩ガラス工芸が設立され、当初、紅・藍・紫・緑の4色の薩摩切子を復元。そして文献には生産の記述がありながら、現存するものが見つかっていなかった幻の金赤と黄色の再現に成功。2005年には斉彬ゆかりの新色島津紫を加えました。更に深い色彩から透明へと移り行く美しいグラデーションと繊細なカット技術を駆使し、伝統を生かしながら創意工夫を凝らした二色被せなど、新しいタイプの薩摩切子の製造にも積極的に取り組んでいます。

<島津薩摩切子/シマヅサツマキリコ> 食前酒杯 藍【三越伊勢丹/公式】

41,800 円(税込)

1851年、着色ガラスの研究がなされ、紅・藍・緑等の発色に成功しました。中でも、日本で初めて発色に成功した紅色は「薩摩の紅ガラス」として称賛されたと言われます。1985年に、薩摩ガラス工芸が設立され、当初、紅・藍・紫・緑の4色の薩摩切子を復元。深い色彩から透明へと移り行く美しいグラデーションと繊細なカット技術を駆使し、伝統を生かしながら創意工夫を凝らした二色被せなど、新しいタイプの薩摩切子の製造にも積極的に取り組んでいます。※こちらの作品は桐箱付きです。

<島津薩摩切子/シマヅサツマキリコ> 二色冷酒杯 蒼黄緑【三越伊勢丹/公式】

42,900 円(税込)

19世紀中頃、島津家28代当主島津斉彬は豊かな国づくりをめざし、様々な産業を興しました。そのひとつが「薩摩切子」です。日本独特の「ぼかし」という意匠をまとった色彩の美しさと、卓越した技が生み出すカットの輝き。その重厚な美しさは、世界のガラス工芸史上に凛然と輝いています。斉彬の急逝と明治維新の動乱にのまれ、誕生からわずか30年あまりで薩摩切子は一度この世から夢幻のように姿を消してしまいます。それから約100年の時を越え復元し、その美しさはふたたび人々を惹き付けております。※桐箱付

<島津薩摩切子/シマヅサツマキリコ> 焼酎オンザロックグラス 緑【三越伊勢丹/公式】

58,300 円(税込)

1851年、着色ガラスの研究がなされ、紅・藍・緑等の発色に成功しました。中でも、日本で初めて発色に成功した紅色は「薩摩の紅ガラス」として称賛されたと言われます。1985年に、薩摩ガラス工芸が設立され、当初、紅・藍・紫・緑の4色の薩摩切子を復元。深い色彩から透明へと移り行く美しいグラデーションと繊細なカット技術を駆使し、伝統を生かしながら創意工夫を凝らした二色被せなど、新しいタイプの薩摩切子の製造にも積極的に取り組んでいます。※こちらの作品は桐箱付きです。

<島津薩摩切子/シマヅサツマキリコ> オールドファッションドタンブラー 緑(ミドリ)【三越伊勢丹/公式】

63,800 円(税込)

1851年、28代島津斉彬が藩主になり、着色ガラスの研究がなされ、紅・藍・緑等の発色に成功しました。中でも、日本で初めて発色に成功した紅色は「薩摩の紅ガラス」として称賛されたと言われます。明治に一度途絶えてしまった技術を復興させたいと約100年後の1985年に、薩摩ガラス工芸が設立され、当初、紅・藍・紫・緑の4色の薩摩切子を復元。そして文献には生産の記述がありながら、現存するものが見つかっていなかった幻の金赤と黄色の再現に成功。2005年には斉彬ゆかりの新色島津紫を加えました。更に深い色彩から透明へと移り行く美しいグラデーションと繊細なカット技術を駆使し、伝統を生かしながら創意工夫を凝らした二色被せなど、新しいタイプの薩摩切子の製造にも積極的に取り組んでいます。

<島津薩摩切子/シマヅサツマキリコ> 焼酎オンザロックグラス 黄【三越伊勢丹/公式】

69,300 円(税込)

19世紀中頃、島津家28代当主島津斉彬は豊かな国づくりをめざし、様々な産業を興しました。そのひとつが「薩摩切子」です。日本独特の「ぼかし」という意匠をまとった色彩の美しさと、卓越した技が生み出すカットの輝き。その重厚な美しさは、世界のガラス工芸史上に凛然と輝いています。斉彬の急逝と明治維新の動乱にのまれ、誕生からわずか30年あまりで薩摩切子は一度この世から夢幻のように姿を消してしまいます。それから約100年の時を越え復元し、その美しさはふたたび人々を惹き付けております。※桐箱付

<島津薩摩切子/シマヅサツマキリコ> 二色タンブラー ルリ・金赤【三越伊勢丹/公式】

69,300 円(税込)

1851年、着色ガラスの研究がなされ、紅・藍・緑等の発色に成功しました。中でも、日本で初めて発色に成功した紅色は「薩摩の紅ガラス」として称賛されたと言われます。1985年に、薩摩ガラス工芸が設立され、当初、紅・藍・紫・緑の4色の薩摩切子を復元。深い色彩から透明へと移り行く美しいグラデーションと繊細なカット技術を駆使し、伝統を生かしながら創意工夫を凝らした二色被せなど、新しいタイプの薩摩切子の製造にも積極的に取り組んでいます。※桐箱付

<島津薩摩切子/シマヅサツマキリコ> オールド・ファッションド・タンブラー 島津紫【三越伊勢丹/公式】

74,800 円(税込)

1851年、着色ガラスの研究がなされ、紅・藍・緑等の発色に成功しました。中でも、日本で初めて発色に成功した紅色は「薩摩の紅ガラス」として称賛されたと言われます。1985年に、薩摩ガラス工芸が設立され、当初、紅・藍・紫・緑の4色の薩摩切子を復元。深い色彩から透明へと移り行く美しいグラデーションと繊細なカット技術を駆使し、伝統を生かしながら創意工夫を凝らした二色被せなど、新しいタイプの薩摩切子の製造にも積極的に取り組んでいます。※こちらの作品は桐箱付きです。

<島津薩摩切子/シマヅサツマキリコ> オールドファッションドタンブラー 黄(キイロ)【三越伊勢丹/公式】

74,800 円(税込)

1851年、28代島津斉彬が藩主になり、着色ガラスの研究がなされ、紅・藍・緑等の発色に成功しました。中でも、日本で初めて発色に成功した紅色は「薩摩の紅ガラス」として称賛されたと言われます。明治に一度途絶えてしまった技術を復興させたいと約100年後の1985年に、薩摩ガラス工芸が設立され、当初、紅・藍・紫・緑の4色の薩摩切子を復元。そして文献には生産の記述がありながら、現存するものが見つかっていなかった幻の金赤と黄色の再現に成功。2005年には斉彬ゆかりの新色島津紫を加えました。更に深い色彩から透明へと移り行く美しいグラデーションと繊細なカット技術を駆使し、伝統を生かしながら創意工夫を凝らした二色被せなど、新しいタイプの薩摩切子の製造にも積極的に取り組んでいます。

<島津薩摩切子/シマヅサツマキリコ> トールタンブラー 藍【三越伊勢丹/公式】

82,500 円(税込)

19世紀中頃、島津家28代当主島津斉彬は豊かな国づくりをめざし、様々な産業を興しました。そのひとつが「薩摩切子」です。日本独特の「ぼかし」という意匠をまとった色彩の美しさと、卓越した技が生み出すカットの輝き。その重厚な美しさは、世界のガラス工芸史上に凛然と輝いています。斉彬の急逝と明治維新の動乱にのまれ、誕生からわずか30年あまりで薩摩切子は一度この世から夢幻のように姿を消してしまいます。それから約100年の時を越え復元し、その美しさはふたたび人々を惹き付けております。※桐箱付

<島津薩摩切子/シマヅサツマキリコ> トールタンブラー 緑【三越伊勢丹/公式】

82,500 円(税込)

19世紀中頃、島津家28代当主島津斉彬は豊かな国づくりをめざし、様々な産業を興しました。そのひとつが「薩摩切子」です。日本独特の「ぼかし」という意匠をまとった色彩の美しさと、卓越した技が生み出すカットの輝き。その重厚な美しさは、世界のガラス工芸史上に凛然と輝いています。斉彬の急逝と明治維新の動乱にのまれ、誕生からわずか30年あまりで薩摩切子は一度この世から夢幻のように姿を消してしまいます。それから約100年の時を越え復元し、その美しさはふたたび人々を惹き付けております。※桐箱付

<島津薩摩切子/シマヅサツマキリコ> 脚付杯(中) 藍【三越伊勢丹/公式】

82,500 円(税込)

1851年、着色ガラスの研究がなされ、紅・藍・緑等の発色に成功しました。中でも、日本で初めて発色に成功した紅色は「薩摩の紅ガラス」として称賛されたと言われます。1985年に、薩摩ガラス工芸が設立され、当初、紅・藍・紫・緑の4色の薩摩切子を復元。深い色彩から透明へと移り行く美しいグラデーションと繊細なカット技術を駆使し、伝統を生かしながら創意工夫を凝らした二色被せなど、新しいタイプの薩摩切子の製造にも積極的に取り組んでいます。※こちらの作品は桐箱付きです。

<島津薩摩切子/シマヅサツマキリコ> トールタンブラー 金赤【三越伊勢丹/公式】

88,000 円(税込)

19世紀中頃、島津家28代当主島津斉彬は豊かな国づくりをめざし、様々な産業を興しました。そのひとつが「薩摩切子」です。日本独特の「ぼかし」という意匠をまとった色彩の美しさと、卓越した技が生み出すカットの輝き。その重厚な美しさは、世界のガラス工芸史上に凛然と輝いています。斉彬の急逝と明治維新の動乱にのまれ、誕生からわずか30年あまりで薩摩切子は一度この世から夢幻のように姿を消してしまいます。それから約100年の時を越え復元し、その美しさはふたたび人々を惹き付けております。※桐箱付

<島津薩摩切子/シマヅサツマキリコ> 脚付杯(中) 黄【三越伊勢丹/公式】

93,500 円(税込)

1851年、着色ガラスの研究がなされ、紅・藍・緑等の発色に成功しました。中でも、日本で初めて発色に成功した紅色は「薩摩の紅ガラス」として称賛されたと言われます。1985年に、薩摩ガラス工芸が設立され、当初、紅・藍・紫・緑の4色の薩摩切子を復元。深い色彩から透明へと移り行く美しいグラデーションと繊細なカット技術を駆使し、伝統を生かしながら創意工夫を凝らした二色被せなど、新しいタイプの薩摩切子の製造にも積極的に取り組んでいます。※こちらの作品は桐箱付きです。

<島津薩摩切子/シマヅサツマキリコ> 脚付杯(中) 島津紫【三越伊勢丹/公式】

93,500 円(税込)

1851年、着色ガラスの研究がなされ、紅・藍・緑等の発色に成功しました。中でも、日本で初めて発色に成功した紅色は「薩摩の紅ガラス」として称賛されたと言われます。1985年に、薩摩ガラス工芸が設立され、当初、紅・藍・紫・緑の4色の薩摩切子を復元。深い色彩から透明へと移り行く美しいグラデーションと繊細なカット技術を駆使し、伝統を生かしながら創意工夫を凝らした二色被せなど、新しいタイプの薩摩切子の製造にも積極的に取り組んでいます。※こちらの作品は桐箱付きです。