島津薩摩切子

島津薩摩切子のご紹介です。PCだけでなくスマホからでも見やすく表示しています。ゆっくり比較しながらお好みの商品をお探しください。

【雑貨特集】一覧はこちら

<島津薩摩切子> 二色タンブラー ルリ緑 【三越・伊勢丹/公式】【伊勢丹】
61560円
1851年、着色ガラスの研究がなされ、紅・藍・緑等の発色に成功しました。中でも、日本で初めて発色に成功した紅色は「薩摩の紅ガラス」として称賛されたと言われます。1985年に、薩摩ガラス工芸が設立され、当初、紅・藍・紫・緑の4色の薩摩切子を復元。深い色彩から透明へと移り行く美しいグラデーションと繊細なカット技術を駆使し、伝統を生かしながら創意工夫を凝らした二色被せなど、新しいタイプの薩摩切子の製造にも積極的に取り組んでいます。夏に向け「涼」を楽しむ新作のアイテムを揃えました。色鮮やかに美しいカットの入った

購入する




<島津薩摩切子> 筒型花瓶 ルリ金赤 【三越・伊勢丹/公式】【伊勢丹】
162000円
1851年、着色ガラスの研究がなされ、紅・藍・緑等の発色に成功しました。中でも、日本で初めて発色に成功した紅色は「薩摩の紅ガラス」として称賛されたと言われます。1985年に、薩摩ガラス工芸が設立され、当初、紅・藍・紫・緑の4色の薩摩切子を復元。深い色彩から透明へと移り行く美しいグラデーションと繊細なカット技術を駆使し、伝統を生かしながら創意工夫を凝らした二色被せなど、新しいタイプの薩摩切子の製造にも積極的に取り組んでいます。※こちらの作品は桐箱付きです。

購入する




<島津薩摩切子> 二色猪口(大) ルリ金 【三越・伊勢丹/公式】【伊勢丹】
31320円
1851年、着色ガラスの研究がなされ、紅・藍・緑等の発色に成功しました。中でも、日本で初めて発色に成功した紅色は「薩摩の紅ガラス」として称賛されたと言われます。1985年に、薩摩ガラス工芸が設立され、当初、紅・藍・紫・緑の4色の薩摩切子を復元。深い色彩から透明へと移り行く美しいグラデーションと繊細なカット技術を駆使し、伝統を生かしながら創意工夫を凝らした二色被せなど、新しいタイプの薩摩切子の製造にも積極的に取り組んでいます。※桐箱付

購入する




<島津薩摩切子> 麦酒器 藍(アオ) 【三越・伊勢丹/公式】【伊勢丹】
24840円
1851年、28代島津斉彬が藩主になり、着色ガラスの研究がなされ、紅・藍・緑等の発色に成功しました。中でも、日本で初めて発色に成功した紅色は「薩摩の紅ガラス」として称賛されたと言われます。明治に一度途絶えてしまった技術を復興させたいと約100年後の1985年に、薩摩ガラス工芸が設立され、当初、紅・藍・紫・緑の4色の薩摩切子を復元。そして文献には生産の記述がありながら、現存するものが見つかっていなかった幻の金赤と黄色の再現に成功。2005年には斉彬ゆかりの新色島津紫を加えました。更に深い色彩から透明へと移り行く美し

購入する




<島津薩摩切子> 麦酒器 黄(キイロ) 【三越・伊勢丹/公式】【伊勢丹】
27000円
1851年、28代島津斉彬が藩主になり、着色ガラスの研究がなされ、紅・藍・緑等の発色に成功しました。中でも、日本で初めて発色に成功した紅色は「薩摩の紅ガラス」として称賛されたと言われます。明治に一度途絶えてしまった技術を復興させたいと約100年後の1985年に、薩摩ガラス工芸が設立され、当初、紅・藍・紫・緑の4色の薩摩切子を復元。そして文献には生産の記述がありながら、現存するものが見つかっていなかった幻の金赤と黄色の再現に成功。2005年には斉彬ゆかりの新色島津紫を加えました。更に深い色彩から透明へと移り行く美し

購入する




<島津薩摩切子> 脚付杯(中) 黄 【三越・伊勢丹/公式】【伊勢丹】
86400円
1851年、着色ガラスの研究がなされ、紅・藍・緑等の発色に成功しました。中でも、日本で初めて発色に成功した紅色は「薩摩の紅ガラス」として称賛されたと言われます。1985年に、薩摩ガラス工芸が設立され、当初、紅・藍・紫・緑の4色の薩摩切子を復元。深い色彩から透明へと移り行く美しいグラデーションと繊細なカット技術を駆使し、伝統を生かしながら創意工夫を凝らした二色被せなど、新しいタイプの薩摩切子の製造にも積極的に取り組んでいます。※こちらの作品は桐箱付きです。

購入する




<島津薩摩切子> 麦酒器 金赤(アカ) 【三越・伊勢丹/公式】【伊勢丹】
27000円
1851年、28代島津斉彬が藩主になり、着色ガラスの研究がなされ、紅・藍・緑等の発色に成功しました。中でも、日本で初めて発色に成功した紅色は「薩摩の紅ガラス」として称賛されたと言われます。明治に一度途絶えてしまった技術を復興させたいと約100年後の1985年に、薩摩ガラス工芸が設立され、当初、紅・藍・紫・緑の4色の薩摩切子を復元。そして文献には生産の記述がありながら、現存するものが見つかっていなかった幻の金赤と黄色の再現に成功。2005年には斉彬ゆかりの新色島津紫を加えました。更に深い色彩から透明へと移り行く美し

購入する




<島津薩摩切子> 猪口(大) 黄(キイロ) 【三越・伊勢丹/公式】【伊勢丹】
27000円
1851年、28代島津斉彬が藩主になり、着色ガラスの研究がなされ、紅・藍・緑等の発色に成功しました。中でも、日本で初めて発色に成功した紅色は「薩摩の紅ガラス」として称賛されたと言われます。明治に一度途絶えてしまった技術を復興させたいと約100年後の1985年に、薩摩ガラス工芸が設立され、当初、紅・藍・紫・緑の4色の薩摩切子を復元。そして文献には生産の記述がありながら、現存するものが見つかっていなかった幻の金赤と黄色の再現に成功。2005年には斉彬ゆかりの新色島津紫を加えました。更に深い色彩から透明へと移り行く美し

購入する




<島津薩摩切子> 二色猪口(大) 蒼黄緑 【三越・伊勢丹/公式】【伊勢丹】
29160円
1851年、着色ガラスの研究がなされ、紅・藍・緑等の発色に成功しました。中でも、日本で初めて発色に成功した紅色は「薩摩の紅ガラス」として称賛されたと言われます。1985年に、薩摩ガラス工芸が設立され、当初、紅・藍・紫・緑の4色の薩摩切子を復元。深い色彩から透明へと移り行く美しいグラデーションと繊細なカット技術を駆使し、伝統を生かしながら創意工夫を凝らした二色被せなど、新しいタイプの薩摩切子の製造にも積極的に取り組んでいます。※桐箱付

購入する




<島津薩摩切子> 猪口(大) 緑(ミドリ) 【三越・伊勢丹/公式】【伊勢丹】
24840円
1851年、28代島津斉彬が藩主になり、着色ガラスの研究がなされ、紅・藍・緑等の発色に成功しました。中でも、日本で初めて発色に成功した紅色は「薩摩の紅ガラス」として称賛されたと言われます。明治に一度途絶えてしまった技術を復興させたいと約100年後の1985年に、薩摩ガラス工芸が設立され、当初、紅・藍・紫・緑の4色の薩摩切子を復元。そして文献には生産の記述がありながら、現存するものが見つかっていなかった幻の金赤と黄色の再現に成功。2005年には斉彬ゆかりの新色島津紫を加えました。更に深い色彩から透明へと移り行く美し

購入する




<島津薩摩切子> 麦酒器 紅(アカ) 【三越・伊勢丹/公式】【伊勢丹】
25920円
1851年、28代島津斉彬が藩主になり、着色ガラスの研究がなされ、紅・藍・緑等の発色に成功しました。中でも、日本で初めて発色に成功した紅色は「薩摩の紅ガラス」として称賛されたと言われます。明治に一度途絶えてしまった技術を復興させたいと約100年後の1985年に、薩摩ガラス工芸が設立され、当初、紅・藍・紫・緑の4色の薩摩切子を復元。そして文献には生産の記述がありながら、現存するものが見つかっていなかった幻の金赤と黄色の再現に成功。2005年には斉彬ゆかりの新色島津紫を加えました。更に深い色彩から透明へと移り行く美し

購入する




<島津薩摩切子> オールド・ファッションド・タンブラー 島津紫 【三越・伊勢丹/公式】【伊勢丹】
70200円
1851年、着色ガラスの研究がなされ、紅・藍・緑等の発色に成功しました。中でも、日本で初めて発色に成功した紅色は「薩摩の紅ガラス」として称賛されたと言われます。1985年に、薩摩ガラス工芸が設立され、当初、紅・藍・紫・緑の4色の薩摩切子を復元。深い色彩から透明へと移り行く美しいグラデーションと繊細なカット技術を駆使し、伝統を生かしながら創意工夫を凝らした二色被せなど、新しいタイプの薩摩切子の製造にも積極的に取り組んでいます。※こちらの作品は桐箱付きです。

購入する




<島津薩摩切子> 脚付杯(中) 島津紫 【三越・伊勢丹/公式】【伊勢丹】
86400円
1851年、着色ガラスの研究がなされ、紅・藍・緑等の発色に成功しました。中でも、日本で初めて発色に成功した紅色は「薩摩の紅ガラス」として称賛されたと言われます。1985年に、薩摩ガラス工芸が設立され、当初、紅・藍・紫・緑の4色の薩摩切子を復元。深い色彩から透明へと移り行く美しいグラデーションと繊細なカット技術を駆使し、伝統を生かしながら創意工夫を凝らした二色被せなど、新しいタイプの薩摩切子の製造にも積極的に取り組んでいます。※こちらの作品は桐箱付きです。

購入する




<島津薩摩切子> 二色タンブラー 蒼黄緑 【三越・伊勢丹/公式】【伊勢丹】
61560円
1851年、着色ガラスの研究がなされ、紅・藍・緑等の発色に成功しました。中でも、日本で初めて発色に成功した紅色は「薩摩の紅ガラス」として称賛されたと言われます。1985年に、薩摩ガラス工芸が設立され、当初、紅・藍・紫・緑の4色の薩摩切子を復元。深い色彩から透明へと移り行く美しいグラデーションと繊細なカット技術を駆使し、伝統を生かしながら創意工夫を凝らした二色被せなど、新しいタイプの薩摩切子の製造にも積極的に取り組んでいます。※桐箱付

購入する




<島津薩摩切子> オールドファッションドタンブラー 緑(ミドリ) 【三越・伊勢丹/公式】【伊勢丹】
59400円
1851年、28代島津斉彬が藩主になり、着色ガラスの研究がなされ、紅・藍・緑等の発色に成功しました。中でも、日本で初めて発色に成功した紅色は「薩摩の紅ガラス」として称賛されたと言われます。明治に一度途絶えてしまった技術を復興させたいと約100年後の1985年に、薩摩ガラス工芸が設立され、当初、紅・藍・紫・緑の4色の薩摩切子を復元。そして文献には生産の記述がありながら、現存するものが見つかっていなかった幻の金赤と黄色の再現に成功。2005年には斉彬ゆかりの新色島津紫を加えました。更に深い色彩から透明へと移り行く美し

購入する




【雑貨特集】一覧はこちら

Brandear オークション(ブランディア公式オークション)