ヴォーン ベダルフ

ヴォーン ベダルフのご紹介です。PCだけでなくスマホからでも見やすく表示しています。ゆっくり比較しながらお好みの商品をお探しください。

【雑貨特集】一覧はこちら

<ヴォーン ベダルフ> ウルムスツール(カラー) ライトブルー 【三越・伊勢丹/公式】【伊勢丹】
75600円
ウルム スツールは1954年に「ウルム造形大学」の学長を務めたマックス・ビルが学生達のために腰を下ろす何らかの道具として、スツール、サイドテーブル、持ち歩く機能や書籍をのせるトレイなど、多目的な要素をデザインに集約し生まれました。無駄な機能やデザインを削ぎ落とした、まさにバウハウスの概念をそのまま受け継いだ象徴的スツールと言われています。無塗装の通常モデルとは異なり、カラーモデルでは傷がつきにくいバーチの無垢材を使用。木目を活かして染色された後、クリアのウレタンで仕上げられています。※7~11枚目の画像

購入する




<ヴォーン ベダルフ> ウルムスツール(カラー) オレンジ 【三越・伊勢丹/公式】【伊勢丹】
75600円
ウルム スツールは1954年に「ウルム造形大学」の学長を務めたマックス・ビルが学生達のために腰を下ろす何らかの道具として、スツール、サイドテーブル、持ち歩く機能や書籍をのせるトレイなど、多目的な要素をデザインに集約し生まれました。無駄な機能やデザインを削ぎ落とした、まさにバウハウスの概念をそのまま受け継いだ象徴的スツールと言われています。無塗装の通常モデルとは異なり、カラーモデルでは傷がつきにくいバーチの無垢材を使用。木目を活かして染色された後、クリアのウレタンで仕上げられています。※7~11枚目の画像

購入する




<ヴォーン ベダルフ> ウルムスツール(カラー) グリーン 【三越・伊勢丹/公式】【伊勢丹】
75600円
ウルム スツールは1954年に「ウルム造形大学」の学長を務めたマックス・ビルが学生達のために腰を下ろす何らかの道具として、スツール、サイドテーブル、持ち歩く機能や書籍をのせるトレイなど、多目的な要素をデザインに集約し生まれました。無駄な機能やデザインを削ぎ落とした、まさにバウハウスの概念をそのまま受け継いだ象徴的スツールと言われています。無塗装の通常モデルとは異なり、カラーモデルでは傷がつきにくいバーチの無垢材を使用。木目を活かして染色された後、クリアのウレタンで仕上げられています。※7~11枚目の画像

購入する




<ヴォーン ベダルフ> ウルムスツール(カラー) レッド 【三越・伊勢丹/公式】【伊勢丹】
75600円
ウルム スツールは1954年に「ウルム造形大学」の学長を務めたマックス・ビルが学生達のために腰を下ろす何らかの道具として、スツール、サイドテーブル、持ち歩く機能や書籍をのせるトレイなど、多目的な要素をデザインに集約し生まれました。無駄な機能やデザインを削ぎ落とした、まさにバウハウスの概念をそのまま受け継いだ象徴的スツールと言われています。無塗装の通常モデルとは異なり、カラーモデルでは傷がつきにくいバーチの無垢材を使用。木目を活かして染色された後、クリアのウレタンで仕上げられています。※7~11枚目の画像

購入する




<ヴォーン ベダルフ> ウルムスツール(カラー) ブルー 【三越・伊勢丹/公式】【伊勢丹】
75600円
ウルム スツールは1954年に「ウルム造形大学」の学長を務めたマックス・ビルが学生達のために腰を下ろす何らかの道具として、スツール、サイドテーブル、持ち歩く機能や書籍をのせるトレイなど、多目的な要素をデザインに集約し生まれました。無駄な機能やデザインを削ぎ落とした、まさにバウハウスの概念をそのまま受け継いだ象徴的スツールと言われています。無塗装の通常モデルとは異なり、カラーモデルでは傷がつきにくいバーチの無垢材を使用。木目を活かして染色された後、クリアのウレタンで仕上げられています。※7~11枚目の画像

購入する




<ヴォーン ベダルフ> ウルムスツール(カラー) イエロー 【三越・伊勢丹/公式】【伊勢丹】
75600円
ウルム スツールは1954年に「ウルム造形大学」の学長を務めたマックス・ビルが学生達のために腰を下ろす何らかの道具として、スツール、サイドテーブル、持ち歩く機能や書籍をのせるトレイなど、多目的な要素をデザインに集約し生まれました。無駄な機能やデザインを削ぎ落とした、まさにバウハウスの概念をそのまま受け継いだ象徴的スツールと言われています。無塗装の通常モデルとは異なり、カラーモデルでは傷がつきにくいバーチの無垢材を使用。木目を活かして染色された後、クリアのウレタンで仕上げられています。※7~11枚目の画像

購入する




<ヴォーン ベダルフ> ウルムスツール 【三越・伊勢丹/公式】【伊勢丹】
39960円
ウルムスツールは1954年に「ウルム造形大学」の学長を務めたマックス・ビルが学生達のために腰を下ろす何らかの道具として、スツール、サイドテーブル、持ち歩く機能や書籍をのせるトレイなど、多目的な要素をデザインに集約し生まれました。無駄な機能やデザインを削ぎ落とした、まさにバウハウスの概念をそのまま受け継いだ象徴的スツールと言われています。無塗装のモデルでは、スプルース材を使用しており経年と共に色味の変化をお楽しみ頂けます。※5~7枚目の画像はイメージです。<ヴォーンベダルフ>1931年にスイスで設立された歴史

購入する




【雑貨特集】一覧はこちら

Brandear オークション(ブランディア公式オークション)